挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。
この連載小説は未完結のまま約4ヶ月以上の間、更新されていません。

獣王さまと仮面の王女~婚約者が俺を好きすぎる(※ただしもふもふに限る)~

作者:四ツ葉咲
畏怖王と恐れられる獣の国の王、ガレルが婚約することになった。
相手は人間の国の王女、アリスティーラ。
人間嫌いのガレルは何とかして彼女を追い出そうとするが、事態は思いもよらぬ方向へ進んでしまい――。

「俺がこんな変な仮面女に欲情するはずがない!!」
「はぁ……陛下のもふもふ……好き」

もふもふ大好き仮面王女と、頑固でむっつりな獣王さまとの、少し不器用な異類恋愛譚。
プロローグ とある獣王の愚痴
2017/10/08 21:57
一話、突然の結婚
2017/10/08 22:15
二話、婚約者の到来
2017/10/09 22:48
三話、対面
2017/10/16 13:48
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

悪魔将軍の花嫁~俺の妻が死ぬほど可愛い~

悪女と名高い、敗戦国の王妃を娶ることとなった将軍ガル。 しかし噂と違い、王妃リリアンヌはとても可憐で謙虚な少女だった!? 「俺は! 俺は騙されぬぞ!!」 そう心//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全20部分)
  • 254 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 06:21
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 127 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全267部分)
  • 124 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 00:00
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 125 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 21:00
望まれた政略結婚 ~旦那様は、元敵国の将軍閣下~

「フィーネ・トラウト。君に縁談だ」 サンクセリア王国で暮らすフィーネは、国王からそう言い渡された。 フィーネの政略結婚相手は、「黒い死神」と呼ばれる隣国の若き将//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全49部分)
  • 118 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 19:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全118部分)
  • 137 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 00:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全95部分)
  • 114 user
  • 最終掲載日:2018/02/15 11:04
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 115 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全67部分)
  • 120 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 08:00
令嬢はまったりをご所望。

二月二十八日に削除が決まりました。【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全57部分)
  • 126 user
  • 最終掲載日:2018/02/14 08:48
獣王さまと仮面の王女

人間と獣人。 相容れぬふたつの種族が手を取り合うため、両国は婚約によって新たな絆を結ぼうとした。 人間の国の王女アリスティーラと、獣の国の王ガレル。 人間嫌いの//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全44部分)
  • 148 user
  • 最終掲載日:2017/07/15 23:01
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全19部分)
  • 172 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 23:00
男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全135部分)
  • 118 user
  • 最終掲載日:2017/05/23 12:18
妹に婚約者を譲れと言われました

内定していた王太子の婚約者の座を妹に奪われ、自棄になった私は自らドラゴンの生贄になることを決意した。 なのになぜかそのドラゴンに助けられて、一緒に暮らすことにな//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 133 user
  • 最終掲載日:2018/02/08 12:02
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全83部分)
  • 135 user
  • 最終掲載日:2018/01/05 00:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 132 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
今度は絶対邪魔しませんっ!【連載版】

異母妹への嫉妬に狂い罪を犯した令嬢ヴィオレットは、牢の中でその罪を心から悔いていた。しかし気が付くと、自らが狂った日──妹と出会ったその日へと時が巻き戻っていた//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 141 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 12:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 128 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 131 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

◆コミカライズスタート! ◆書籍版は、ビーズログ文庫さんより1~4巻が発売中。5巻は2/15発売です。 婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全80部分)
  • 140 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 19:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 123 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 155 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全45部分)
  • 116 user
  • 最終掲載日:2018/01/29 02:26
紅の死神は眠り姫の寝起きに悩まされる

 のどかな農業国フロイトの王女アマリリス――リリスは病弱なためによく眠り、人々から〝美しきフロイトの眠り姫〟と呼ばれている。  しかし、病弱設定は表向きのもので//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全132部分)
  • 147 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 22:21
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全94部分)
  • 169 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 21:54
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部分)
  • 135 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
竜の子を産んだら離縁されたので森で隠居することにしました

タイトルまんまに進む予定。 宝島社さまより書籍化 11/4発売

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全70部分)
  • 118 user
  • 最終掲載日:2017/01/25 23:28
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全57部分)
  • 136 user
  • 最終掲載日:2018/01/10 09:23
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全182部分)
  • 156 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:45
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部分)
  • 175 user
  • 最終掲載日:2018/02/10 18:00
婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。

伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣であるが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全141部分)
  • 132 user
  • 最終掲載日:2018/02/04 00:00
↑ページトップへ