挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
星詠みの巫女と幸運の星 作者:青柳朔
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/18

intermission7:流れ落ちる

 ――見つけた! と幼い声が聞こえた時には、もう夕暮れ間近だった。結局休む暇はなかったな、と思いながら苦笑する。アセラは飴玉ほどの大きさの星を握りしめて、満面の笑みを浮かべていた。この子だってずっと探し続けて疲れただろうに。
 村の入り口までアセラを送り届け、塔へと急ぐ。空が赤く染まって、夜の訪れが近いことを教えている。もしかしたらシャートはもう起きているかもしれない。
 走ればすぐに塔は見えた。入り口にラサラスとナシラがいて、僕の姿を見つけるとらさらすは力なく微笑んだ。

「……ラサラス? ナシラも……どうかした?」

 珍しい表情だな、と首を傾げる。もうじき仕事の時間になるというのに、いつからここにいたんだろうか。ナシラは唇を噛みしめたまま俯いている。
「俺のことはいい。……星は?」
「シャートから聞いたの? ちゃんと見つかったよ」
 そうか、とラサラスは唸るような低い声で答えた。機嫌が悪いというわけでもなさそうだ。しっかりと立っている様子から、具合が悪いとも思えない。
「早く上に行け。シャートが待っている」
「うん……?」
 ラサラスは上へと急かすばかりで何も言わない。本当にどうしたんだろう、と思いつつ僕は扉を開けた。
「アルコル」
 早く行けと急がせていたはずのラサラスが、僕を呼びとめる。
「何?」
「星詠みの巫女は、死に近い場所にいるから星の声が聞こえるんだと思う。……昔、俺がおまえに言ったことだ。覚えているか?」
 それは確か、シャートのところへ初めて行った日の帰りだっただろうか。
「覚えている、けど」
 それがなんだっていうんだろう。胸がざわりとした。ラサラスは、何が言いたいんだろう。
「覚えていたなら、いい」
 それきりラサラスは黙り込んだ。もう何も言わないとでも言いだけに。ナシラは何か言いたそうに僕を見つめてくるけれど、結局は口を開かずに俯いてしまう。僕はラサラスの横顔を見つめたあと、ゆっくりと階段を上り始めた。一段あがるたびに、足音が反響する。
「シャート?」
 最上階の扉を開けて、僕の訪れを待っている少女の名前を呼ぶ。ガラス越しに見える空は、西の方がわずかに明るいだけで、もう暗くなっていた。中央にあるベッドの上に、一人の少女が横たわっている。まだ寝ていたんだ。
 今日は随分疲れたんだろう、しかたないかもしれない。微笑みながらゆっくりとベッドに歩み寄り、シャート、と声をかける。
「起きて、シャート……?」
 やさしく肩を揺らすと、シャートがうっすらと目をあける。けだるそうなその様子に、胸がざわついた。触れた肩が氷のように冷たい。
 綺麗な青い瞳が、僕を映し出す。やわらかく笑って、アルコル、と小さく僕の名前を呼ぶ。今にも消えてしまいそうな細い声。

「……シャート?」

 泣きそうな自分の声が耳に届いた。
 どうしたの、もう起きる時間だよ。起きて。起きて、それで今日はゆっくりしようよ。だって疲れただろう? お茶を淹れて、お菓子を食べて、そして久々に二人でここから星を眺めよう。
 しかしシャートの目は閉じられた。まるで人形のような寝顔だ。足元の感覚がなくなる。シャートしか視界に映らない。それ以外は真っ暗だ。瞬きすら忘れて、僕はシャートの綺麗な寝顔を見つめた。
 外には、夜がやってきた。太陽は沈み、闇が世界を包み込んでいる。



 暗闇の中、ひときわ大きな星が、きらりと光って地上へ落ちた。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ