挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。(本編完結) 作者:Y.A
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/156

プロローグ 零細運輸会社足利運輸

暇潰しにどうぞ。
「みっちゃん、暇だね」

「その油断が、宇宙海賊出現時の対処を遅らせる事になる」

「あははっ、みっちゃんは真面目だなぁ」

「いやいや、この『カナガワ』を購入してまだ十ヵ月ほど。まだローンが二十年分以上も残っているんだぞ。宇宙海賊に奪われたり壊されでもしたら、俺達は破産だからな!」

 時は、遥か未来。
 幾度かの世界大戦の後に地球環境が悪化し、資源も枯渇したので人類が宇宙に進出してから数千年。

 とある宙域を、一隻の小型宇宙船が航行している。
 小型とはいっても全長一キロ以上もあるが、外宇宙航行用の輸送船なのでこれでも小さい方である。
 宇宙船は、若い夫婦が一組ともう一人だけで運用していた。
 正確にいうと、人間は三人だけであろうか。

「奥様も足利運輸の経営状態ぐらいは把握していますよ。いくら稼いでも、ほとんど宇宙船のローンに消える事くらい」

「そして、可愛げのないキヨマロか……」

「社長、アンドロイドに可愛げを求めてはいけません」

 これは三人目ではなく、いわゆるアンドロイドである。
 『マークA1253、ネクストミツビシ社製宇宙歴四千七百八十九年バージョン』通称キヨマロと呼ばれ、基本的には万能タイプであったが、宇宙船の修理、保守、警備などを得意とする。
 見た目は、イケメンの若い日系人に見える。
 開発者が女性だったそうで、彼女の趣味が出ていると業界では噂されていた。

「私の分も合わせて、ローンはあと二十二年と七か月残っていますね」

「お前は高いからな……」

「最新機種ですから。それに見合う活躍をしていますし」

「それは認めるよ」

 なぜか得意気になるアンドロイドのキヨマロ、しかしそうなる根拠はあるので、持ち主である光輝もそれは認めていた。

「まあまあ、マロちゃんがいなくてみっちゃんだけだと、カナガワの維持・運用は大変でしょう?」



 人類が銀河系の半分以上の領域にまで進出した現在、民、官、軍で多くの宇宙船が様々な用途で運用されているが、基本的に宇宙船の船員は不足している。

 民間人は、旅行、引っ越し、転勤でしか宇宙に出ない。
 軍人は、他国家との紛争や、支配下にある惑星の反乱鎮圧、宇宙海賊の退治などで。
 官は、安全保障政策上、国営の運輸会社を運用している国が多かった。

 それでも輸送量は不足気味なので、民間の運輸会社と、彼らのような零細『一船会社』が多数存在している。
 存在はしているが、なかなか船腹量の不足は補えない。

 なぜなら、宇宙船の船員はあまり人気がない職業だからだ。
 起業して運輸会社の社長になっても、宇宙海賊に殺されたり、荷や船を奪われて破産する者が多いのだ。

 軍は宇宙海賊の摘発と退治を積極的に行っているが、数が多過ぎて対処が遅れるケースが多い。
 そこで、給料は平均的だが安全で安定してる国営会社に希望者が殺到してしまうのだ。

 国営会社でも、惑星上や宇宙コロニー内でサラリーマンでもしていた方がマシだと、人員はほんのり不足気味でもあったが。

「一年前に終わった『松永騒動』で危険な橋を渡って頭金を稼ぎ、ようやく購入したこのカナガワを奪われたり沈めるわけにはいかない」

 夫婦の夫の方は、足利光輝いう名で現在二十歳。
 この小型宇宙輸送船『カナガワ』を所有するオーナー兼、零細運輸会社『足利運輸』の社長兼、カナガワの修理と保守、営業担当であった。

 妻の方が、足利今日子で二十一歳。
 一歳だけだが姉さん女房であり、副社長と、保安部長の職も兼任している。
 実は彼女、元軍人で退役時には若くして少佐の地位にあったエリート軍人であった。

 専門は、対海賊・テロ担当の特殊戦闘であったが、通常の部隊指揮も執った事があり、軍医の資格も持っている。
 実は、光輝よりも遥かに優れた女性なのだ。

「兄貴、義姉さん。計算が終わったよ」

「どうだ? 清輝」

「先週のは、結構美味しい仕事だったね。ローンも一か月分前倒しで返せるかも」

「やったね、キヨちゃん」

 ここでようやく、三人目の人物が姿を見せた。
 彼の名は足利清輝といい、光輝の弟である。
 年齢は十九歳で、足利運輸の常務兼、経理、人事、総務などの事務方を一手に引き受けている。

「軍関連の仕事は、やっぱり美味しいな」

「兄貴と義姉さんが、四年前から苦労した甲斐があったね」

 光輝と今日子の結婚に、足利運輸の設立と、清輝の入社までには様々な出来事があった。

 足利兄弟は、日系人惑星群国家であるアキツシマ連邦の出身である。
 普通のサラリーマン共稼ぎ夫婦の間に生まれたが、二人がまだ幼い頃に両親が事故で亡くなってから人生が変わる。
 葬式後に悪どい親戚達が押し寄せ、残された遺産を全て奪っていってしまったのだ。

 仕方なく、二人は兄弟で孤児院に入る事になった。
 孤児院での生活はそう悪くはなかったが、十五歳で義務教育が終わると独り立ちをしないといけなかった。
 高等教育を受けるにもお金がいる。

 悩んだ末に、二人は国営の宇宙船員養成学校に入学した。
 この学校は授業料が無料で、他にも多くの資格が取れ、アルバイトで宇宙船に乗り込む事も出来る。
 教育カリキュラムも多彩であり、将来の就職先も安定している。

 大半を宇宙で過ごす宇宙船の船員は人気がない職業であったが、親が亡くなり、親戚達には恨みしかない足利兄弟には最適な仕事であった。

 兄弟はこのまま国営の運輸会社に入るつもりであったが、四年前に人生の転機を迎える。

 アキツシマ連邦に所属する惑星国家『マツナガ』が、連邦に対し公然と反旗を翻したのだ。
 首相の松永秀弘は、惑星マツナガへの入植を行った一族の末裔で、自分達はアキツシマ連邦から独立すると宣言した。

 ただし、その後ろにはアキツシマ連邦最大の仮想敵国である中華連邦の影があり、彼らは惑星マツナガの独立を支援するために宇宙艦隊を派遣しようとした。

 当然、アキツシマ連邦も艦隊を派遣して紛争状態となる。
 これはもはや戦争であったが、一応各国は不戦条約を結んでいるので紛争と強引に呼んでいるだけだ。

 こうして紛争が始まったわけだが、いくつか困った問題が発生する。

 第一に、戦争とは大量の物資の浪費である。
 中華連邦の軍艦が惑星マツナガ付近にいるので、その周辺惑星の流通を麻痺させないように軍が輸送船団を護衛する必要もあった。
 正規艦隊や陸軍や空軍の派遣もある。

 当然の如く、船腹量が決定的に不足する。

 第二に、惑星マツナガ付近に軍が集中するため、他の宙域の宇宙海賊が活性化して被害が増えてしまう。

 そこで臨時に、『戦時一船船長制度』が創設された。
 希望者には政府が中古輸送船に武装を強化した物を貸し、雇われ船長が危険宙域を通って物資を輸送、危険手当込みの報酬を貰うというものだ。

 光輝は在学中にも関わらずこれに応募し、一人で中古の小型宇宙船を操り大金を稼いだ。
 その期間は三年、船員学校卒業までの単位を通信講義で補いながらであった。
 何度か危険な目にも遭ったが、こうして小さいながらも会社を設立し、新型小型宇宙船のローンが組めるくらいには稼げた。

 妻である今日子とも出会い、一緒に仲良く仕事が出来ているのだから幸せではあるのだと光輝は思っている。

「私を助けてくれた時のみっちゃんは格好よかったわよ」

「兄貴にそんな勇気があるとは知らなかったね。僕は」

「二人とも、その話はいいじゃないか」

 夫婦の馴れ初めは、たまたま光輝が輸送船を運行中に、中華連邦軍が放った通商破壊用の高速艦隊の襲撃を受けて沈みかけている駆逐艦を発見。
 任地に向かうために乗り込んでいた今日子が負傷をして動けない状態だったのを、救助活動を手伝った光輝が偶然発見しただけの事だ。

 実は、光輝に救助を行う義務はなかった。
 だが船員は、水の上だけを船が走っていた時代から、同業者が困っていたら助けるのが決まりとされている。
 学校でそう習った光輝が船員の仁義に従って救助活動を行い、それで救われた今日子が光輝に一目惚れしてしまったというわけだ。

 光輝の容姿は普通よりも少し上くらいで、そこまで女性にモテるというわけでもない。
 もう一方の今日子はスタイルも抜群で、誰もが振り返るほどの美人だ。

 光輝からすれば『どうして惚れられたのだろうか?』と疑問に思ってしまうのだが、実は彼女も孤児で、無料で学べるからと士官学校に通っていた人間であった。
 この時代の軍の学校は、不祥事を避けるために男女別で学ぶようになっている。

 そのせいで今日子が男性に免疫がなく、吊り橋効果で光輝に惚れてしまったわけだ。
 ただ最初はそんな馴れ初めの二人も、運命の女神がほほ笑んでくれたらしい。
 お互いに任務が忙しいはずなのに、数か月に一度は食事や買い物に行く機会が運よく発生した。
 話してみると互いに孤児同士なので気も合い、光輝も今日子に言い寄られて嬉しかったのでデートを重ねた。

 開戦から三年後、介入した中華連邦軍艦隊の潰滅と、首謀者である松永首相が首相官邸で爆弾を爆発させて自爆死した事により、松永騒動はアキツシマ連邦の勝利で終了した。

 惑星マツナガの分離を目論んだ中華連邦軍宇宙艦隊は、紛争前の規模に戻すのに十年はかかるという大損害を受け、秘密講和交渉で多額の賠償を支払う羽目になった。

 アキツシマ連邦も大きな損害を受けたが、中華連邦よりはマシであろう。

 こうして戦争は終わり、光輝の『戦時一船船長制度』を利用した雇われ船長生活も終わる。
 以前は国営の運輸会社に入社しようと思っていたのだが、どうせやるのなら一国一城の主を目指そうと、命がけで稼いだお金で足利運輸を設立。
 そこに、押しかけ女房で軍を退役した今日子も貯金と退職金から資本金を出し、そこに宇宙船員養成学校卒業後に国営の運輸会社に就職していた弟清輝も合流し、今に至るというわけだ。

 人間の従業員三名、アンドロイド一名、作業用の各種ロボット数百体、本社事務所もある新造小型宇宙輸送船カナガワ一隻。

 典型的な零細運輸会社が、足利運輸というわけだ。

「この仕事が終わったら二人でハネムーンなんてどう? まだ行ってないじゃないか」

「思わないでもないけど、俺達ってさ」

「常に移動しているものね」

 観光地などは回らないが、行った事がある惑星は多い。
 普段から旅行をしているようなものなので、結婚式は挙げていたが新婚旅行には行っていない二人であった。

「でもさ、ただ移動しているのと観光地を巡るのとは違わなくない?」

「まあ、新婚旅行はその内にでも……」

 三人でそんな話をしていると、突然船内に警報が鳴り響く。

「何事だ?」

 光輝が付近の端末を開くと、緊急警報の文字が表示されていた。
 詳しく調べると、カナガワの前方から『異次元宙流接近中』との報告が入る。

「まずい! こんな近距離まで気がつかなかったなんて!」

「突然、発生したようね!」

 異次元宙流とは、発生原因がいまだ不明の謎の自然現象であった。
 これに巻き込まれて、毎年多くの宇宙船が行方不明になる。
 どこか別の次元に飛ばされるとか、ブラックホールに送り込まれるとか。
 多くの学者が色々な説を立てていたが、誰も生還できていないので証明された説は存在しない。

「キヨマロ! 緊急回避だ!」

「間に合いません。神に祈りましょう」

「お前、アンドロイドの癖に……」

 操縦を手動に切り替えて光輝が粘ってみたが、カナガワは異次元宙流に巻き込まれてその宙域から消息を絶つ。
 後にアキツシマ連邦軍が、宇宙輸送船カナガワと乗組員三名が異次元宙流に巻き込まれた事を正式に発表するのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ