挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
超電脳のユニバック 作者:@IngaSakimori

第四章『ノイマン型の王』

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

62/62

エピローグ『鎖で縛る者、秤を気取る者』

 南多磨高校屋上での戦いが決着してから、数時間が流れていた。

「おのれ……次こそは、このような失態は見せませんよ……!」

 モーリス・ホイーラー・エドサックは、どす黒い敗北感を拭えぬままに、東京お台場の一角にいた。

 時刻は黎明。そして日付は月曜日になっている。

 彼の目的はシンプルである。
 再び世界の金融市場を混乱に陥れるのだ。

 破れたとはいえ、ノイマン型の『王』としての力は健在である。
 金融市場で動くノイマン型コンピューターの末裔達を不調に陥らせることなど、彼にとっては造作もない。

 唯一、心残りがあるとすれば━━

「聖典を失ってしまうとは、畏れ多い……」

 南多磨高校の屋上で津瀬現人に追いつめられたその時、落としてしまった『First Draft of a Report on the EDVAC』。
 物理的にはレポート用紙の束でありつつ、顕現存在セオファナイズドにとっては聖典にも等しいそれ。

(離れた場所にあろうとも、所有者(オーナー)である私には関知できるはずですが……)

 だが、気配(・・)とも言うべき『First Draft of a Report on the EDVAC』の感覚は消え失せて久しい。

 とすれば、答えはシンプルだった。持ち主が変わってしまったのだ。
 他の顕現存在セオファナイズドが自らをオーナーとして上書きしたのだとすれば、筋は通るのである。

(むろん、私の時代にファイルオーナー権限などという概念はありませんでしたが……)

 後の時代においては、そうではない。
 忌々しい、そして畏れ多い失態だった。永年の歴史を誇る宗教施設が、宝物の盗難にあったとすれば、管理者はこんな気持ちなのだろうと思う。

「ユニバック達か……あるいは、偉大なる青の者達でしょうか。もとより彼女らに使いこなせるものではないですが……」

 後悔と屈辱がいくつも思い浮かんでは、消えていく。
 あの時ああしていれば。もっとうまくやっていれば。

 自らの読み違いと慢心が招いた結果が、巨大な敗北感となってエドサックに襲いかかる。

(何よりも……女王陛下に申し訳ないではありませんか)

 そう、女王陛下と彼が呼ぶ存在。
 小さく、しかし何よりも美しい金の女王。
 それはノイマン型の『王』たる彼より、さらに高貴なる存在である。

「そうです、私がこうして働くのも……すべては女王陛下のため……!!」

 そして、敗北感を忠誠心で上書きして。
 気高くも立ち直ろうとしたその瞬間に━━彼にとっての不幸は訪れた。

「……な!?」

 気がついた時には、エドサックの両足に鎖がからみついていた。
 むろん、それは物理的な金属の鎖ではない。顕現存在セオファナイズドによる武装としての鎖である。

(速い……!!)

 だが、それが顕れ、彼を拘束する速度が尋常ではなかった。
 足にからみついたと思ったら、次の瞬間にはエドサックの全身に鎖が巻き付いていた。

 エドサックが鎖の存在を認識する速度よりも、鎖が動き、締め上げる速度の方が遙かに速い。
 ヒトで言うならば『目がついていかない』という状態だった。

「誰ですか!? ユニバックの手の者ですか! 偉大なる青ですか!」
「いや、そのどちらでもないね」
「お前は……!!」

 そして、エドサックが見たのは。
 かつて訪ねて行き、会えなかった者の姿だった。

久礼一(くれいはじめ)……生徒会長の久礼!!」
「やあ、はじめまして。最初のノイマン型コンピューター。
 どうも今夜はいろいろとあったようだね」

 昼制の制服を着た、1人の男子生徒が空中に静止している。
 エドサックはそれを訝しげに見た。何らかのトリックであろう、と思う。顕現存在セオファナイズドは強大な身体能力を持つとはいえ、エスパーではないからだ。。

「本来ならば、最初から僕が応対しなければならないところを、こんなことになってすまないと思っているよ」
「戯れ言を……不意打ちを仕掛けてから、礼儀を気取るのがスーパーコンピューターのやり方ということですか!?」
「君は応対の意味を間違えているね」

 エドサックを拘束する鎖。それは久礼一の両腕から発せられていた。
 その顕現武装の周囲には膨大な青い光が渦を巻き、生半可な技術的革新ではないことを示している。

「━━『始祖の力』パワー・オブ・オリジンよ!!」

 エドサックは言葉を交わすことを後回しにした。

 まずはこの拘束を解くことである。
 久礼一もまた、ノイマン型コンピューターにすぎず、彼の『王』としての力にはあらがえないはずだった。

(ならば……!!)

 まず、その自由を奪う。絶対の優位を確保する。
 しかる後、意図を問いただし、必要ならばこの場で始末することで、汚名返上をはかる━━そこまで考えてのことだった。

 が、エドサックを拘束する鎖は、微動だにしない。

「な……!!」
弥勒零みろくれいくん……360と戦ったのだろう?
 ノイマン型の『王』と言っても、歴史に絶大な功績を残した顕現存在セオファナイズドが相手では、それを完全に『支配』することはできない。
 分かっているはずじゃないのかい?」
「バカな……久礼がSystem/360と同等とでも……!?」
「違うね。
 同等以上、さ。僕の名は世界中のヒトに知られていたからね」

 くすりと笑って、久礼一は何もない中空で姿勢を変えた。

 何かに腰掛けるような姿勢。
 エドサックが目を凝らすと、暗闇の中に椅子があった。背もたれのない椅子。クッションもリクライニング機構もない、ただ腰を下ろせるだけの椅子。

(あの形は……!!)

 それは上から見おろすと、あるいは下から見あげると「C」の形をしている。
 そう。「C」の椅子だった。その「(ワン)」だった。
 すなわち、遠い過去たる冷戦時代に世界でもっとも高価な椅子とうたわれた物体だった。

「君にフォン・ノイマンの加護があれば違ったろうけどね。
 どこでなくしてしまったんだい、大事に抱えていた聖典は?」
「貴様……それを知ってここに……!!」
「君の力は少々、やっかいだからも。
 このタイミングで退場してもらわなければ困るのさ」
「っぐ……!!」

 みしり、と自らの体を、鎖が。
 そして、情報としての存在そのものを、恐るべき処理能力が抹消しようとする感覚をエドサックは悟った。

「女王……! 陛、下……万━━」
「さようなら」

 そして、鎖はエドサックに最後の言葉を許さなかった。

 ノイマン型の『王』。その顕現存在セオファナイズドは光の粒となって、夜に溶けて消えた。

「さて」

 C型の椅子に腰掛けたまま、久礼一は小さくため息をついて、背後を━━夜の闇と完全に同化していた、黒い制服の少年をみた。

「君の言う通り、果たして彼は現れたわけだ」
「トミーから単独行動は避けろと言われていたはずなんだけどね。
 まあ、功を焦ったんだろうね」

 そう、黒い制服。しかし、月の意匠をあしらった制服。
 南多磨高校・夜制の制服。

「それにしてもさすがは名高い久礼のChaining。
 凄まじいものだね」
「賞賛をどうも。
 君の動機を聞きたいね。『First Draft of a Report on the EDVAC』をいつの間にか回収しただけでなく、同胞であるエドサックを僕に闇討ちさせた……いったい、何を望んでいるんだい?」
「別に。ただ、強いて言うなら、バランスを取りたいだけさ」
「バランス、か」

 日常の口調で言った夜制の少年に━━フェランティ・マーク・ワンに、久礼一は理解しかねるといった様子で首を傾げた。

「ユニバックたち。
 君たち昼制の生徒会。
 そして、夜制の委員会。
 どれが強くなりすぎても良くないからね。
 僕はどこにも属さない第三者━━いや、第四者として、バランスを取りたいんだよ。
 ちょっかいを出すのは、すべてそのためさ」
「けれど、君は夜制の生徒で、英国のコンピューターだ。
 一般論で考えれば、夜制・委員会の味方ではないのかい?」
「違うね。僕は彼らと共闘しているわけじゃない。
 そもそも委員会にはフランスもいれば、日本だっている。イギリスにもイングランドがあり、ウェールズがあるように、国の中でも立場わかれるものさ」
「………………」

 はぐらかすように肩をすくめるフェランティ・マーク・ワンを、久礼一は揺るがぬ瞳でじっと見た。
 共に中性的な相貌。女性である、と強弁すれば通ってしまいそうな美男子ふたり。

「すべてはバランスだよ、アメリカのスーパーコンピューター」

 けれど、考え方には根本的な差があるふたりが、黎明の黒の中で暗殺の事後を話し合っていた。

「僕の国、イギリスはそのために遠い昔から、とてつもない苦労をしてきたんだ。
 僕はその志を継ぐのさ。この2085年……顕現存在セオファナイズドの戦いにバランスをもたらしたいのさ」
「……その言葉通り、素直に受け取るわけにはいかないね」

 今度はフェランティ・マーク・ワンの目が真剣で。
 そして、久礼一は話題を逸らすように、うっすらと微笑んだ。

「英国人の舌は2枚どころか3枚あるというからね」
「3枚だって? とんでもない、4枚はあるさ」

 どう見ても1枚にしか見えない舌を出して、世界で最初の商用コンピューター、そのうちの1人は笑った。

~~~~~~UNIVAK the zuper computer~~~~~~

「ね~、現人ったら。今日はどうしちゃったの?
 なんだか朝からニコニコ笑っちゃって」
「いや……なんだか、さ」

 朝が来て、少年と少女たちは学び舎へ向かう。

 単眼鏡モノクルをかけた少年の視界には、いつもの日常が映っている。
 小さくてかわいいユニがいて。大きくて馬鹿馬鹿しい京がいて。
 隣には志保がいて。いつもの4人で歩む登校路が、目の前には続いている。

(愛しいな……)

 この日常が。一時が愛しいと思う。
 一緒にいる大切な人たちも。自分自身という存在も含めて。

 何かを愛しいと感じることは、こんな気持ちだっのたかと、15才の少年は生まれて初めて考えている。

「僕はさ……愛されてるな、って」
「へっ!? ま、まあ……そ、そうねえ!
 現人はみんなに愛されてるわよね! も、もちろん、志保様ちゃんもだけど……あ、あたしが一番だけど……」
「そして、僕も愛してるんだよな、って」
「う、現人っ……!?」
「なんていうかさ、生きてて良かったと思うよ。
 心から」

 何の雑念もない、朗らかな表情で津瀬現人は笑った。

「あ、あわわ……」

 その笑顔を真っ正面から向けられた初敷志保は、瞬時に真っ赤になり、ふらふらとよろめくと。
 ユニと京の元へ走り寄って、こう言った。

「現人がおかしくなっちゃった~……現人がかっこよすぎて……あたしもう死にそう……ごめん、今日、休む」
「はあ!? ち、ちょっと待て、志保。
 僕、なにか変なこと言ったか?」
「シホの顔がとても赤い。わたしはすごく心配。
 あと、ウツヒトは大体いつもかっこいい」
「うむうむ、確かに。
 優柔不断に悩んでいる間はともかくとして、何かを決めたあとの我が朋友はそれなりに最高だと思うぞ、この俺も」
「あ、あのなあ……」
「でも、本当にウツヒトはかっこいい」

 真っ赤なまま、はーはーと息を荒げている志保。
 その顔に扇子で風を送っている京。
 そして、ユニは上目遣いに現人の正面に立つと、天使のような笑顔をみせた。

「わたしを守ってくれるウツヒトは、優しくて、かっこよくて」

 そして、続く一言だけは。

 そっと現人の耳元へ唇を寄せて。他の誰にも聞こえないよう、小さな声で。志保に負けないほど赤い顔で。

 世界で最初の商用コンピューターは、15才の少年に向かって、こう囁いた。

「そんなウツヒトが、わたしは大好き」

 彼らと彼女らの物語はまだ続く。

(超電脳のユニバック 第四章・了)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 02:28
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 33 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全846部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 10:00
食い詰め傭兵の幻想奇譚

世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。 だが知り合いもなく、懐具合も寂しい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全328部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 12:00
異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。 居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全151部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 21:59
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 33 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/10/09 15:59
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全255部分)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 18:43
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部分)
  • 33 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 12:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 31 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全132部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 18:22
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
夜伽の国の月光姫

とある小国にアルエという美しい王女がいました。けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。セレネは、その異質さにより忌み子//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全90部分)
  • 32 user
  • 最終掲載日:2017/10/05 22:24
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 37 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
青雲を駆ける

※ヒーロー文庫より書籍化出版中※ 中世よりもはるかに古い、青銅の時代、一人の鍛造鍛冶師が活躍する古代ファンタジー。 何の変哲もない寂れた農村に、一人の身寄りのな//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全115部分)
  • 31 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 20:50
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全298部分)
  • 32 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 18:35
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全234部分)
  • 32 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全549部分)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 18:00
幻想再帰のアリュージョニスト

 異世界転生保険とは契約者本人を受取人として、保険量(インシュランス・クオンタム)である新たな人生を給付する制度である。無事支払い条件を満たしていたのはいいが、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全181部分)
  • 31 user
  • 最終掲載日:2017/10/01 21:02
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
Vermillion;朱き強弓のエトランジェ

【DEMONDAL】――硬派すぎるゲームシステムの北欧産VRMMO。スキルもレベルもインベントリも便利なギルドも存在しない、その無駄なリアリティは最早VR生活シ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全82部分)
  • 29 user
  • 最終掲載日:2017/09/09 10:42
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 36 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 23:32
大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全465部分)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 07:29
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 31 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 29 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 32 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全102部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/09/26 11:00
異世界料理道

 津留見明日太(つるみあすた)は17歳の高校2年生。父親の経営する大衆食堂『つるみ屋』で働く見習い料理人だった。ある日、『つるみ屋』は火災に見舞われ、父親の魂と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全518部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 17:00
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部分)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
銀河連合日本

======================================== ~星海社様より、2016年2月16日『銀河連合日本Ⅰ』として商業出版化いたし//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全112部分)
  • 28 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 22:03
↑ページトップへ