挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Lyric dream, Magic words, Heart for sentence. 作者:新夜詩希
220/228

燐く飛沫 輝く飛沫
サラサラ流れる水 指を撫でる感触
失われない自然の息吹

瞳に映るあの碧さ 包み込むようなあの青さ
遠い未来に思い馳せ 遠くの景色に感嘆し
この川は何処から来て
一体何処まで行くのだろう

唄うように 囁くように
心に染み入る流音が
踊るように 跳ねるように
体に染み入る冷たさが
木々を揺らし 風を舞い上げ
記憶にさえ刻まれよう

春には花が 夏には蛍が
秋には枯葉が 冬には雪が
川と添い 川に抱かれて
川を彩り流れ往く

季節の雫 揺らめいて
在りし彼方に思いを寄せる


お題投稿:星咬十六夜


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ