挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Lyric dream, Magic words, Heart for sentence. 作者:新夜詩希
217/228

遥かな幻視 それは既視感
幼い頃に駆け回り 君と手を取り
虹が降りる丘を見つけた

二人だけの特別な 二人だけの秘密の場所で
街を見下ろし 月を眺め
夢を語って寝転んだ

頬を撫でる風 眩しい太陽
煌びやかな夜景 瞬く流星
時さえ忘れてじゃれ合った

大人になって 地元を離れ
君に逢う事もなくなったけれど
思い出せば今でも あの頃のままの君が
あの丘で 変わらず微笑んでいる気がして

この胸の奥に仕舞った あの想いと共に
きっと次の休みには 君と過ごしたあの場所へ

君が微笑む あの丘へ


お題投稿:星咬十六夜


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ