挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Lyric dream, Magic words, Heart for sentence. 作者:新夜詩希
216/228

聳える大地 揺らぎなく
木々を 憩いを せせらぎを
重ねて 束ねて 積み上げて
永き時を 古き生命を
新たな息吹を産み出して

四季を通して 月日を巡りて
恵みを与え 癒しを降らせ
動植物に潤いを 人の営みに清流を
その御身に蓄えた 至純なる救いの音を

偽らざるはその姿 霧で隠し雪で覆い
嘆くかの身はその姿 緑を失くし土が削げ
欲深きは人の業 罰するべきは人の咎
しかして風に身を任せ 陽の光に戯れて
至る一つの循環周期

その大いなる鳴動は 星と共に散りたもう


お題投稿:星咬十六夜


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ