挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒騎士様の明日はどっちだ?! 作者:
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/10

10.

 あの「夢」を見なくなって半年も過ぎた頃、甲冑と出会った。

 もちろん、そのときの私には夢を見なくなったという認識はなかったし、夢のことも忘れていた。

 それにもかかわらず、「甲冑展」なんてものにふらふらと入り込んだのは潜在意識にある甲冑への愛着だったのかもしれない。

 とはいえ展示されていたのは、甲冑は甲冑でも日本の甲冑で、戦国時代のものがメインだった。

 一緒に展示されている本物の刀のなかには、刃こぼれしているものもあり、それが生々しくてちょっと怖い。

 じっくり解説を読んでいると、鎧の様式のひとつとして色々おどしと書いてあった。

 いろいろ脅した甲冑、なんてねー。

 ひとりでうけていると、すぐ近くでボソッとつぶやく声が聞こえた。

「クロキシじゃあるまいし」

 ん?

 横を見るとスーツ姿の同年代らしき人物が、マズイとばかりにすっと目をそらした。

 ちょっと神経質そうな、エリートっぽい男だ。

 営業回りの空き時間に息抜きに寄ってみたというところだろうか――渋い趣味だな! 人のことは言えないが。

 ちなみに私は久々の代休で、平日にサボっているわけではない。

 それにしてもクロキシってなんだろう? クロ…黒…黒木氏…黒騎士かっ!

 一気に「夢」の記憶が蘇る。

 いやいや、まさか、しかしっ!

 ぶんぶんっと勢いよく首を回す。

 気のせい、気のせい。

 横から視線を感じた。

「失礼ですが」

「人違いです」

「やっぱりお前かっ!」

 白騎士―正確にはその中身―だった。

 脳内に届いていた声は、実際の声を再現していたものであり、声で即座に互いの身元が割れてしまったのである。

 まったく変なところで芸が細かい。

 しばしの攻防の末、さすがに展示室で騒ぐのは憚られるので、移動することにした。

 近場のカフェへと入り込み、奥の席を陣取る。幸いなことに店内の中心付近には賑やかな主婦グループが陣取っていて、おしゃべりに興じていた。

 これならこちらの声が聞こえることはほぼないだろう、さすがにいい年して厨二病的な話を周囲に聞かれるのは恥ずかしい。

「そもそも、なんでこちらの生息域に入り込んでいるの、首都圏在住者が」

 こちとら首都圏って正確にはどこまでが範囲なんだろうなーと思う地方都市在住者だ。

「せめて生活圏といえよ。今回は出張だ」

 メニュー表をめくりつつ、ぼそぼそと言い合う。

 結局、二人揃って本日のおすすめを注文し、周囲の様子をうかがいつつ情報交換を開始した。

 交換といっても、情報量は白騎士の方が多い。

 あの後、黒騎士が制裁を加えて回ったことで、大掛かりな宮廷再編が行われたらしい……なにしろ表向きは皇帝派だった人間までぼこぼこにされたことで二心を持っていることが明らかになったという。

 いい仕事をしたな!とひそかに満足感にひたる。

 白騎士はその再編後に一回だけ、呼ばれたそうだ……神霊を名乗る存在に。

「それが言うにはだな、直接関与するのは世界の理によりもはやできないために媒体として俺たちを引っ張り込んだそうだ、たまたま近場にいたとかなんとかいう理由で。……黙るなよ、痛々しいのはわかってんだ。他人ごとのような顔するな」

 遠い目をしてコーヒーを啜っていたら文句をつけられた。

「いやー、悪い、悪い。でも、どうして私たちだったわけ?」

「相性がよかったんだと、甲冑との」

「甲冑と……」

 なんだろう、このやるせなさ。

 しばし沈黙がおりた。

「あー、その原型というか、建国時に活躍したっていう白黒本家はどうなったって?」

「本家はいなかった。神霊とやらが宿って2体分動かしていたらしい」

 直後、主婦グループが去って、静かになったため、二人揃って再び黙り込んだ。

「出張って言ってたけど、時間大丈夫?」

「ああ。あとは帰るだけだ」

「そう。とりあえず駅に向かう?」

 移動しながら話した方が、周囲に気遣わなくて済みそうだということで、歩きながら続きの話をすることになった。

 神霊によると、神霊の意志と甲冑に憑依した人間の意志とが重ならなければ、甲冑そのものが動くことはできなかったとのこと。そして、あの世界に渡るのも、あの世界の人間たちが顕現を願わなければできないことだったという。

 よく動いてくれたと神霊はわたしに礼を言っていたそうだ。ならば直接私に言えよ、と思ったが、わたしはあの世界への親和性というものが、元・白騎士ほど高くなかったために、憑坐よりましとなる甲冑が役目を終えてからは呼び出すことができなくなった、ということだった。

「ちゃんと始末まで終えていくとは素晴らしいと絶賛してたぞ」と元・白騎士は妙に無表情に淡々とした声で告げた。

 甲冑が機能しなくなってもいいんじゃないかと思ったのは正解だったらしい。

「ふーん。で、報酬はなかったの? 向こうの都合で手伝わされたんだから何かもらってもよさそうだけど」

「すまんが、一存で断らせてもらった。もう、関わりたくなかったんだ」

「そんなにあの世界に行くのが嫌だったんだ」

「いや、あの世界じゃなくてな……神霊に……」

 それきり語ろうとしない元・白騎士をなだめすかして聞き出したところ、神霊はなんの嫌がらせか、マッチョな低音ボイスのオネエとして具現化していたんだそうだ。

「見てみたかった!」

「そうかよ、代わって欲しかったよ! 切実にな!」

 ひと通りの「その後」の説明が終わった後は、過去に遡っての言い合いとなった。はたから見れば、たいそう低レベルな争いだっただろう、無論、聞こえないよう注意していたが。

 もはや会うこともあるまいと互いに思い切り文句をぶちまけたおかげか、駅に到着したころには妙な爽快感があり、晴れ晴れとした顔で別れることができた。

 互いに名刺やメルアドを交換しよう、なんてこともなく、綺麗さっぱりと今生の別れを告げた――そして、互いの記憶も夢と同じく消えていたのだ、その時は。

 だが、その夜、「夢」を見た。

 霧のかかったような空間でふわふわと漂っていると、何かに引っ張られた。

〝嬉しいわぁ、アタシに会いたいと思ってくれるなんて〟

 耳元に響く―ように感じられる―ゾクゾクするほどの低音美声に、別の意味でゾクゾクするオネエ言葉。

〝オネエマッチョ神霊!〟

 うふふっと妙に嬉しそうな笑い声がする。しかし、残念なことに姿は見えない。

〝アタシ、あなた達の事、気に入っちゃったのよね。ちゃんとお礼もしたいし、今、交渉中なのよ。ちょっと難しいんだけど、アタシ諦めないから!〟

 誰とだ?そして何をだ?

〝だから、ちょっと待っててね〟

〝一体何をっ?〟

〝やあねぇ、決まっているじゃない!〟

 ばしんっと背中を叩かれた――ような気がした。

 ばっと目を開けると見慣れた部屋の天井が見えた。

 汗がどっと噴き出している。

「気のせい、気のせいのはずっ」

 天井を睨みつけたままつぶやく。

 最後に低音ボイスが告げた言葉。

〝トレードに決まっているでしょ!〟

 誤訳だ、変換ミスだ、きっと。

 相手は外国人どころか、世界違うし、種も違うし。

 異世界トリップなぞ御免である! わたしはこの世界で生を全うしたいのだ!

 ――これだけ確固たる拒絶意志を持てば大丈夫なはずだ、多分。

 だが、わたしはそのときまだ知らなかった。

 神霊を「見てみたかった」というわたしの願いがまだかなっていなかったことを。

 そして、異世界トリップではなくとも、転生という手段もあることを。

 さらに神霊にとって、たかが百年やそこらの人間の一生なんてとても短いものであることを――。

 目覚めて数分後、わたしはこれまでのように「夢」の記憶をなくした。

 出勤して、勤務先が大手企業に吸収合併されることを知るまで後2時間。

 人事異動で新しい上司が本社から出向してくることを知るまで後十日。

 そして、元・白騎士が上司となり、「夢」の記憶が蘇ったまま消えなくなるまで後半月――。

 さて、黒騎士様の明日はどっちだ?!
お気楽な話を書きたいな~と、定番要素を盛り込んで、好き放題に書いてみました。

お付き合いありがとうございました!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全41部分)
  • 206 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 23:53
針子の乙女

生まれ変わった家は、縫物をする家系。前世では手芸部だった主人公には天職?かと思いきや、特殊能力にだけ価値観を持つ、最低最悪な生家で飼い殺しの日々だった(過去形)//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 222 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:18
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 254 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 301 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 248 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 297 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全244部分)
  • 219 user
  • 最終掲載日:2017/11/24 00:00
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 204 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 12:00
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 217 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全16部分)
  • 196 user
  • 最終掲載日:2017/10/27 23:00
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部分)
  • 200 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 12:00
さよならイエロー

幼馴染の婚約者が竜殺しの英雄になった。 よくわからんが、給料上がったら生活が楽になるねと喜んだ矢先、貴族のお嬢様との結婚が決まったってどーゆーことだ。 恐れ多く//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部分)
  • 228 user
  • 最終掲載日:2015/11/23 15:50
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 198 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 23:53
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部分)
  • 200 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 21:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全391部分)
  • 210 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 01:16
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全111部分)
  • 229 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 00:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 269 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部分)
  • 245 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 22:19
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 217 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 262 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 234 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 205 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
私は言祝の神子らしい ※ただし監禁中

私は平穏を愛している。だから異世界トリップも特殊能力も神子とやらの肩書も、一切いらない。それなのに全力で面倒事に巻き込まれて、というより最初から悪党に監禁されて//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 209 user
  • 最終掲載日:2015/07/03 21:34
魔導師は平凡を望む

ある日、唐突に異世界トリップを体験した香坂御月。彼女はオタク故に順応も早かった。仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全344部分)
  • 194 user
  • 最終掲載日:2017/11/22 07:00
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 237 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 208 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 240 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 205 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 222 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 197 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
ドラゴンさんは友達が欲しい

アース・スターノベルにて書籍化されたドラゴンさん。「!」マークをつけてⅣ巻まで発売中! ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全151部分)
  • 241 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 20:00
↑ページトップへ