挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うろな駅係員の先の見えない日常 作者:おじぃ

専門学校、職場体験編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

98/100

駅務研修を終えて

「くーじらー! 駅務研修どうだった!?」

「うん。会社の個性も少し知れて、良かったよ」

 駅務研修後の最初の日曜日、僕は咲月さんとハンバーガーショップで食事をしていた。外は快晴、絶好の行楽日和だ。

「そっかー、久里浜さんは元気だった?」

「うん。イキイキしてた。やっぱり僕もまたチャレンジしたい」

「へぇ、じゃあ頑張らなきゃね! 私も応援してる!」

「ありがとう」と穏やかに謝意を告げるも、一度門前払いを食らった鉄道会社への道は厳しく、入社後にはもっと厳しい現実が待ち受けている。うろな地下鉄で運転士が叫び乗務放棄したときは驚いた。

 鉄道という同じコンテンツでも、会社の質はそれぞれ異なる。単にファンであれば無差別に愛でていても良いけれど、プロを目指すのであればそれぞれの性質をしっかり見極めなければならないと実感した。

「私も将来は、鉄道会社に入ってみたいな~」

「それは、大丈夫かな? 運転とか」

 速度制限オーバーとか信号無視とか平気でやりそうな気がする。

「え? どういう意味? なんか失礼なこと考えてない?」

「いいえ、まったく」

「どうかなぁ。まぁいいや、とりあえずきょうは思いっきり遊ぼう!」
 お読みいただき誠にありがとうございます!

 更新が遅いにもかかわらず短い文章で大変恐縮です。次回は標準程度を予定しております。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ