挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うろな駅係員の先の見えない日常 作者:おじぃ

駅係員たちの日常編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/100

チャンスは突然に

「「いただきまーす」」

 6時00分。成夢とエレナは老婆の手当てとマニアと老婆が衝突した経緯を記した報告書の作成を終え、1時間遅れの朝食タイム。いただきますの手合わせは息ピッタリだ。今朝はエレナがつくったライスと数種類のパウダー系チーズに、シメジとマッシュルームが入ったリゾットだ。ドリンクはビタミンCを補給してカラダを目覚めさせるオレンジジュース。

 成夢はカレースプーン山盛りのリゾットを口に含み、よく味わってから飲み込んだ。

「美味いっすね!」

「ふふっ、レトルト食品の真似だけどね」

「でもエレナさんのハートが篭ってますから」

「大辻くんって、ギザな台詞好きだよね」

「そうですか?」

 成夢としてはごく自然な会話の流れなので、特にギザという意識はなかった。

「そうよ~。きのう紅茶淹れたときだって…」

「あぁ、アレですね。言われてみれば、俺って結構そういうの平気で言っちゃうような…」

「ロマンチストなんだね」

 成夢は微笑むエレナに目を合わせられず、彼女の胸元に目を遣ったら、それはそれで気恥ずかしくなり、綺麗な女性を相手に面接試験で用いる常套手段は使えないと学んだ。

「ロマンがなきゃやってらんないですよ。色々と」

「男の人ってよくそう言うよね」

「いつまでも童心ですから」

「こどもみたいな遊び心は大事だよね。じゃあ新型特急の開発に携わってみる?」

「え? 駅員なのに?」

 何の脈絡もなく言われた内容は無茶振りのような気もしている成夢であるが、さほど驚きはしなかった。

「うん。メカニックは専門家がやるけど、インテリアのアイディアを出すくらいならできるよ。私も参加するし」

「マジすか!? じゃあやってみます!」

 何か革命的なことをしたいという入社する際の志望動機と、少しの下心が成夢の情熱に火を点けた。

「うん! 一緒にがんばろう♪」

「はい!」

 ビジネスチャンスはいつどこで舞い込むかわからないものであるが、まさか朝食でそれを得るとは想定外の成夢であった。
 ご覧いただき本当にありがとうございます!

 仕事は急展開の連続ですが、新型特急の開発経緯は少し先のお話になりそうです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ