挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

よく学べ

作者:癸 那音
 あのバカが、また話しかけてきた。
「かおり~」
「なによ、いつもいつも」
「ひまだなぁ」
「私はいそがしいの」
「うそつくなよ~。あそぼ~ぜ」
「うそじゃないもん。見なさいよー」
 机の上には国語のノート、書き込まれる文字。
「だいたい、今授業中!! ヒロもちゃんと受けなさいよー」
「だって、たいくつじゃねーか」
「は? 意味わかんない」
「そのままだよ」
 意味わかんない。私がもう一度言おうとすると、担任の桃井先生が声をあげた。
「ちょっと、大森くん! 何を騒いでるの?」
 大森おおもり孝弘たかひろ――ヒロの名前だ。
「さわいでねーっすよ」
「でも、騒がしい!! 前まで来なさい」
「………」
 ヒロがしぶしぶ黒板の方へ行った。もう何回もこの光景を見てきたのに、クラスのみんなはあいかわらずクスクスと笑っている。
「だいたいあなたは……――」
 でた! 桃井先生の得意技!! 『無限ループお説教』!!
 これで、もう授業はつぶれるはず……。
「よしっ!!」
 後ろの方から声が聞こえた。振り向くと、かずくんがすごい笑顔に、というかにやにやしている。
 かずくんは、振り向いた私に気づいたのか、左手の親指をたてた。
 私は、そんなかずくんに笑い返して、右手の親指をたてた。
ジャンルを恋愛としましたが、ぽくないですね。でも、コメディーでもないですよねぇ。その他っていうと、ぞんざいだし。

読んでいただきありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ