挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

スノードロップ ~名なしの冬

作者:風梨凛
 マリナは小さな女の子です。
 いつもほっぺを赤くして、小麦色の髪を髪になびかせ、エメラルドグリーンの瞳を輝かせて、空の上をあっちにいったり、こっちへきたり、忙しく働いています。
 どうして、小さな女の子が空にいるの? と、不思議に思うかもしれません。けれども、安心してください。
 マリナは神さまなのですから。
 とはいっても、まだ、研修期間中の新人でしたので、やらせてもらえる仕事は先輩の神さまのお手伝いだけでした。

 今日のマリナは、はりきっていました。なぜなら、やっと天の大神さまから研修終了のお許しがでたのです。新人の神さまたちは、一人立ちすると、一人に一つ、国を作ることが許されます。
 その国を良い国にするも、悪い国にするも、それは神さまの腕次第です。

 マリナは、大神さまから、手まりくらいの大きさの粘土をもらうと、さっそく自分の机でそれをこね始めました。
 粘土は粘土でも、これは神さまが使う国作りグッズです。ちぎって伸ばせば、平野ができますし、高く積み上げれば山になります。
 あまりおかしな形にするのも良くないと思ったので、マリナはとりあえず、あまり凹凸のない平野を作ってから、まあまあの高さで簡単に登れそうな山をいくつか作って、その上に乗せてみました。次に、山から平野に向かって指で溝を作りました。この溝に水を流して川を作るのです。
「うん、いい感じ!」
 次に、その国に住む人や動物たちを残りの粘土で作ると、マリナはそれを一つ一つ丁寧に机の引き出しに入れました。
「後ちょっとで、みんなの国が完成するよ! だから、もう少しだけ、そこで待っててね!」
 マリナはその国の女神さまになるのです。マリナは人々や動物たちの守護神です。
「私、絶対に、この国のみんなに辛い思いはさせない。みんなを幸せにしてみせるわ!」
 そう思うと自然と心がうきうきしてたまりませんでした。さあ、国作りの最後の仕事は、国の中の素材を選ぶ作業です。マリナはバケツとバスケットを手に、大神さまの天空工房へ向いました。

* *
 天空工房の中へ入ってきた時のことです。
「よお、マリナ! 国造りはもう終わったのか?」
 神さまの新人研修で一緒だった、ユミルという名の男の子がそんな風に声をかけてきたのです。
 マリナと同い年でしたが、この子も、もちろん神さまです。
 けれども、マリナはこの男の子が苦手でした。なぜって、言葉も行動も乱暴なくせに、新人研修の成績はマリナよりユミルの方がずっと良かったからです。だから、ちょっと悔しくて、わざと高飛車な声で言いました。
「あとちょっとで出来るわよ。 川の水とか、野山の花とか、お山の木とか天空工房でもらった素材で国を飾って、人や動物を入れてやればおしまいよ」
「うわぁ、まだ、そんなことやってんの。遅っそ。俺なんて、とっくの昔に終わっちまった」
 ユミルはそう言うと、勝ち誇った顔で笑いました。いつもこういう具合に、ユミルはマリナに絡んでくるのです。

 本当に嫌な神さまだわ。こんな神さまに国を作られた人や動物たちは可哀想ね。

「あっそう。おめでとう。なら、私は忙しいんで邪魔しないでね」
 つんとそっぽを向いて、天空工房の素材置場に向かうと、マリナはその木造りの壁にびっしりと書き込まれた素材メニューの中から気にいった物を探し出しました。
「えっと、必要なのは、まず、川に流す水ね」

『水』と書かれた場所をそっと手で触れると、目の前に色んな種類の水が、映像になって現れます。

 美しの水
 絹糸のような水
 甘い水
 おいしい水
 等など、全部見ていたら切りがありません。水といっても、美しい水ばかりではなく、

 濁った水
 鉄砲水
 滝のような水
 毒水
 なんていうのもあります。

 マリナは、大事な国民が飲む川の水を毒水にするなんて、とんでもないと、”美しの水”に手を触れて、その水素材を国で一番、大きな川に流すことに決めました。すると、

「おえぇ、何てつまんないことをしやがるんだ。美しの水を大判ふるまいするなんて、お前、国民を甘やかせすぎだっ」
 いつの間に着いて来たのでしょうか、ユミルが横から茶々を入れてきました。
「甘やかすも何も、自分の国民を守って素敵な暮らしをさせてあげるのが、神さまの仕事でしょっ!」
 そんな風に眉をつりあげたマリナに、ユミルはちっちっちっと、指を立てて言いました。
「甘やかすだけが、神さまじゃねぇんだぞ。だから、俺は自分の国の中心に物凄くでかい山を作った。難攻不落の山ってやつを。川の水はわざと濁った水にした。美しの水はそのでかい山の中に入って探さなきゃ、飲むことができないんだ。花も木も俺が人々に与えるのは、その種だけだ。だってさ、最初から何もかもが快適に作られた国に何の価値があるんだよ。国っていうのはリゾート地じゃないんだぞ。そんなんじゃ、マリナの国はすぐに滅びてしまうぞ」
 けれども、マリナにはユミルの言っている事に全然、納得がゆきません。マリナは女神さまなのです。優しくて慈悲深いのです。国民を虐めるようなことは絶対にしてはいけないのです。
 けれども、ユミルは、
「俺の国では季節は、”冬”の1つだけなんだ。極寒の地ってやつさ。氷りつくような大地に難攻不落の山々がそびえ立つ。人々や動物たちは色々と知恵を絞って生きなきゃならない。俺は天空から、それをずっと見守っているつもりでいるんだ」
 頬を真っ赤にして力説するユミル。それって、イジメじゃないのと、マリナは、大神さまは、よくもこんな悪い神さまを新人研修に受からせたなと、心底、驚いてしまいました。
「私の国では、季節は”春夏秋冬”の4つにするわ。そして、それぞれに、お花の名前をつけるの。女神の私がその名前を呼ぶと、国にはその季節が訪れるのよ。もちろん、その国に住む者たちを癒すために!」
 そう考えるだけでも、胸がわくわくしてきます。素材工房の壁にあるメニューの”季節”の文字に触れてから、
”季節の数は?”と聞いてきた質問に
”4つ。春夏秋冬”の文字を選び、いざ、季節の名前をつける段になって、

 そうねぇと嬉しそうに呟いてから、マリナは、独り言のように言いました。

 春の名は、春の温かな光がさすと、真っ白な花を開いて金色の花芯を見せる”ディジー”
 その花言葉は『平和』

 夏の名は、夏の太陽のようなオレンジ色の花びらを幾つも持つ”ダリア”
 花言葉は『美』

 秋の名は、秋の風が吹くと薄紫の星型の花を咲かせる”シオン”
 花言葉は『忘れぬ思い』

 ところが、冬の名前をマリナがつけようとした時に、ユミルが突然口をはさんできたのです。
「それ、超つまんない。だから、俺さ、今、こっそりと雪狼を一匹、マリナの国の冬に忍び込ませてやった。だからどんな柔な名前をつけたって、お前んとこの国は、冬には厳しい雪と氷が降るのを避けることはできないぜ。どうだ? 面白いだろう。それこそが国造りの醍醐味ってやつだよ」
「ええっ、何でそんな余計なことをするのよっ! いいわよ、なら、私、最初から”季節”選びをやり直すからっ」
「馬~鹿。やり直しなんてもうできねぇよ。”いいですか。一度、選択した国の素材は変更はできません”って大神さまが言った言葉をマリナは聞いてなかったのかよ!」
 ユミルは、そう言うと、ふんふんと鼻歌を歌いながら、天空工房から出て言ってしまいました。
 マリナは困りました。困って困って困り切って、悩んだ末に、マリナがやったこと。それは一体どんなことだったのでしょう?

 それは、”冬”には名前をつけなかったのです。
 女神であるマリナがその名前さえ呼びさえしなければ、冬という季節が名目上であったとしても、マリナの国には冬は訪れません。
 そうして、創造主マリナが、春夏秋冬の4つの季節を選んだにも関わらず、その国には、実際は春夏秋の3つしか季節がない、おかしな国ができあがってしまったのです。

* *

 月日は過ぎ去り、マリナの国にも百年目の建国記念日がやってきました。
 その国は何もかもが豊かな国だったので、人々は働かなくても、贅沢なくらしができました。働かなくていいし、守護神のマリナが春も夏も秋も穏やかな気候に設定してしまったものですから、みんながみんな、だらだらと遊んで暮らしていました。
 100年間もそんな暮らしが続くと、平和も平和とは感じず、人々は毎日が退屈になり、やがて、生きる喜びが何なのかが分からなくなってしましました。
「ああ、もう穏やかで豊かなだけの季節にも飽きてしまったなぁ」
 女神さまが与えてくださった春夏秋の季節は、変わりばえもなく過ぎるだけです。
「冬の景色が見たいなぁ」
「雪って綺麗なんだろうなぁ」
 けれども、マリナの国では、あまりに長い間、冬がこなかったので、冬という季節がどんなものかも、人々には分かりませんでした。
「でも、冬っていうのは、酷い吹雪があれ狂って、人を雪崩れで飲み込んでしまう恐ろしい季節らしいよ」
「けどさ、前に聞いた話では、年中冬のユミルっていう北の国から来た行商は、
人生に飽きることなんてないって言ってたぜ。しかも、極寒の地に届くお日様の光っていうのは、信じられないくらい綺麗だそうだ」
「へぇ、お日様の光なんて、俺たちは毎日、見てるのによ……。やめた、やめた。来ない冬のことなんて考えずに、今日はもう寝てしまおうぜ」
「ちぇっ、そして、目覚めても、また、同じ退屈な日々が続くだけ。あ~あ、俺はこんな国に生まれるんじゃなかったよ。女神さまに守られた国だか何だか知らないが、もし、生まれ変わったとしても、こんな生きがいのない人生は、もう2度とごめんだよ」
「まったくだ、まったくだ」
 その声は、はるか彼方の天空にまで響いてゆきました。
 そして、それは、すっかり神さまの仕事にもなれて、最近では自分の仕事のことよりも、大神さまの仕事のお手伝いの方が大切になってしまっていたマリナにも届いたのです。

* *

 ”冬があるのに冬がこない国”
 そんなおかしな国の小道を小さな女の子が歩いていました。
 その子は、温暖な日しかないその地にしては、重装備な恰好をしていました。

 白いコートに白い帽子。ふかふかなファー。帽子の耳当てを頭上で結ぶことだってできます。髪は薄い小麦色で、とても可愛い顔をしているのですが、エメラルドグリーンの瞳にはうっすらと涙が浮かび上がっていました。

 その女の子は、灰色の毛並の大きな狼を連れていました。仲間のユミルという神さまから名前を教えてもらった狼です。

「ホッケカムイ」

 女の子がその名を呼んだとたんに、狼は雪狼に姿を変え、それと同時にマリナの国に大吹雪が襲ってきました。
 見る見るうちに緑の大地は、白い雪にそまってゆきました。

 白いコートの女の子は、ちょっと悲しそうな顔をしましたが、やがてきりと厳しく唇を噛みしめてから、雪の下から力強く芽吹いてくる花の名前を口にしました。
「待雪草 - スノードロップ -。冬よ、私がこの季節に付ける花の名は、『逆境の中の希望』を意味しているのです」

 それは、女神マリナ男神ユミルの後ろだてを受けて唱えた神託。

 その言葉を表すように、地面が凍っていても芽を出すほど寒さに強い白い花は、力強く、大地から芽を出そうとしていました。
 その日からです。マリナという退屈で生きる喜びのない国に、冬の時が訪れ、それを乗り越えることができる生きる力が湧き上がってきたのは。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ