挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
パーセント・エイジ 〜カフェ、レインダンスへようこそ!〜 作者:山崎山

参戦

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/18

参戦2

 このカフェ『レインダンス』の仕事内容は、なるほど確かに、ナメてはかかれないものだった。
 まず最初に、僕は客がほとんどいない寂れたカフェ、という印象を覆さなければならなかった。僕がシフトに入る頃には、落木部さんは額に浮かんだ汗を拭いながら小休憩を取っていた。なんでも、駅からそれほど遠くもなく僕の通っている大学からもあまり遠くないという立地上の特性から、開店から昼の時間帯においては通勤・通学客がそこそこ立ち寄るらしい。まあ満席になるようなことはないらしいが、ホールスタッフが落木部さん一人という状況を鑑みれば、ハードワークと捉えることはそう難しくない。そんな状況もあってか、店長は朝からまっさらな新人を投入するのはさすがに忍びないと思ったらしく、暇になる……もとい客足が落ち着く昼過ぎからシフトを組み、入念に教えていこうという算段だったらしい。素晴らしい配慮だ。強面が嘘のようだ。
 そして時計の針が午後一時を過ぎた頃、客は店に入ってこないが、落木部さんから入ってくる情報量は気が引けるくらいに膨大だった。
 注文の取り方から簡単なドリンクの作り方、掃除の仕方など、数え上げるのも億劫になるような仕事内容が矢継ぎ早に繰り出され、これを毎日、しかも一人でこなしていたとなると、店長が彼女を大切にするのも頷けた。ちなみにコーヒーと食事の調理は基本的に店長が一任している。完全分業制。まあ落木部さんもアルバイトだし、落木部さんくらいのルックスをホールに出しておかないのはあまりにもったいない。
 そうした仕事を今日の朝からもぶっ続けでこなし、その上僕の指導までしてもらえるなんて、まるで頭が上がらない。それにこの制服――白いワイシャツに黒のスラックスとエプロンだが、それぞれに僕の名前がローマ字で刺繍されている。メイド服にならなかったのは幸いではあるけれど、昨日の今日ということはこの刺繍も寝る間を惜しんで施してくれたのだろう。しかもどこで知ったのかサイズもぴったり。これだけ良くしてもらえるのなら、いっそメイド服でも何でも着てやろうと思った。いや、まあ嘘だけど。
「で、ここを押すと再発行できるので……」
 そんな優しさと温もりが編み込まれたような服を着て心拍数急上昇中の僕は、落木部さんの横でレジの打ち方を教わっていた。
 率直に言って、彼女の教え方は非常にわかりやすい。飲食どころか接客のバイト経験すらない僕でも操作方法を体系的に理解できるよう努めてくれていた。これをマニュアル化してそこら辺の低調な飲食チェーン店に配れば、店員のスキルが急上昇して売り上げがV字回復するに違いない。うちは別だけど。それより、いっそのことそういう本を出してしまえばいい。量こそ膨大だが、あれよあれよという間に頭の中にインプットされていく。これなら僕もいち早く戦力になることができそうだ。
 まあ、それはともかくとして。
 近い。
 落木部さんは特に気にしていないのだろうが、この肌が触れてしまいそうな距離感によって彼女の明瞭な指導の解釈と定着を阻害されている気がする。いくら彼女が単純明快で理解容易な教え方をしていようとも、その彼女自身が学習の妨げとなるのは看過できない。そういう名目で離れたい。仄かな柑橘系の香りで一向に集中できない。落木部さんの教え方が上手くて助かった。これが下手だった日には「使えない新人が入ってきやがった」という不可抗力なレッテルを貼られ、白い目で見られながら惨めに辞めていくしかない。何より僕の心臓が危ない。
「も、百瀬さん?」
 落木部さんの少し上擦った呼びかけが僕の頭を揺らした。
「何でしょう?」
「大丈夫ですか? 体調が優れないなら休憩しても……」
「いえいえ、何の問題もありません」
「あ、その……じゃあそろそろレシート再発行を連打するのはやめてもらってもいいですか……?」
 落木部さんの視線が僕の手もとに向けられていた。それを追って視線を落とすと、紙が一枚僕の眼前を舞った。レジの周りには『再発行』と銘打たれた紙が大量に散らばっていた。
「あ……ぁ……っ!」
「大丈夫です。大丈夫なのでそんなこの世の終わりみたいな顔しないでください」
 落木部さんは苦笑を浮かべ、床にばらまかれた再発行レシートを拾おうとする。
「お、落木部さん! 大丈夫です、僕が拾いますから……!」
 僕は落木部さんが拾おうとしたものを彼女より先に拾った。彼女の手を汚すまいと、次から次へレシートを拾い上げていく。
「すみません、本当にすみません……!」
 レシートのロール紙は店の備品だ。無駄遣いは御法度なのは百も承知。ただでさえ日々綱渡りのような収入なのに、備品なんかに支出を割くわけにはいかない。昨日の履歴書の件といい、落木部さんの前では何かと上手くいかない。間違いなく、僕のメンタルの問題だ。拾う時に落木部さんの髪の匂いが香ってしまったことも相まって、顔を上げられなかった。
「百瀬さん、気にしないでください」
 僕が取ろうとした紙に、透きとおるような肌をした手が伸びた。
「百瀬さんは新人さんなんですから、先輩の私をどーんと頼っていいんですよ?」
 顔を上げると、どうしようもなく眩しかった。
 またあの笑顔だ。すべてを照らす、春の木漏れ日のような笑顔。心臓が小さく浮き上がった。昨日やっと思い知った感情が、もっともっと思い知れと主張してくる。
 僕は彼女の笑顔を幾ばくも見ることができずに、浮ついた心を沈静化させるべく黙々と片づけ始める。
「あ……ありがとうございます。すみません……」
「いえいえ、先輩として当然です。――顔が真っ赤ですけど大丈夫ですか?」
「全然何ともありません大丈夫です」
 収集速度が倍になった。
 散らばった紙をひととおり集め終えると、落木部さんは「さて」と立ち上がった。
「レジの仕事はこれくらいですね。時間もちょうどいいですし、ちょっと休憩にしましょう」
「あ、はい」
 僕は両手に溢れるくらいのレシートの山を、少し躊躇しながらゴミ箱に押し込み、キッチンに向かった落木部さんを追った。
「店長ー! 休憩入りまーす!」
『りょーかーい』
 奥で何か調理をしている店長の返事を聞くと、落木部さんはキッチンの傍にある水道で手を洗い、カウンターに向かった。僕も同じ道程を追いかけた。
「休憩は、お客さんが少ない時はカウンターで取ってもいいことになってます。まあこの時間帯、お客さんがいることの方が少ないですけど」
 落木部さんはエプロンを外してカウンターに座ると、隣の席を指で示した。どうやら着席を促されているらしい。一瞬戸惑ったが、厚意を無下にするなど今の僕にはどう考えても不可能なので、精一杯の平静を装いつつ、エプロンを外して彼女の隣に座った。カウンター席らしく黒い丸椅子は、やはりカウンター席らしく首が回るので、操作を誤って落木部さんに不用意に近づかないよう注意する。無論僕の精神的安定のためだ。まあ隣に座っている時点で安定を求めるのはもはや苦しいが。
「どうですか? 私の教え方、問題ありませんでしたか?」
 僕が腰を落ち着かせてから間髪入れずに、少し弱気な声で落木部さんが言った。
「問題も何も、質問することがないくらいですよ。あれもこれもスルッと頭に入ってきて、明日にでもフル稼働できそうなくらいです。さっきのも含めて、本当にありがとうございます」
「おぉ、それは何よりです! まあさっきのは私も少しびっくりしましたけど、最初のうちはミスも仕方のないことです。逆にミスをした方が早く覚えますよ。私としても覚えてもらうのは早ければ早いほどうれしいですし、それにそう言ってもらえると先輩冥利に尽きるというか……」
 えへへ、と頬を掻く落木部さんは、まさに少女然としていた。とても先輩とは思えなかった。
 とはいえ、僕の言葉で彼女が喜んでいるのは事実なので、迷惑をかけたのに不謹慎かなと思いつつも、僕はこの機を逃すまいと煽て上げのたたみかけを敢行する。人間切り換えが大切だ。
「でもすごいですね。あれだけの仕事をいつも一人でこなしてたなんて。きっと落木部さんは要領がいいから、教え方もわかりやすいんですね」
「えぇっ? いやあ、別にそんなことは……なきにしもあらず?」
「何言ってんの。玲の要領がいいなんて冗談にしても笑えないわ」
 落木部さんのすこぶる満足げな表情を彼方に消すセリフと共に、キッチンから店長が現れた。
 食欲をそそる野性的な匂いがする。期待を込めて店長を見ると、両手に一枚ずつ、どこかで見たことのある鉄製のプレートが乗っていた。それだけで口の中によだれが滲む。この半日何も口にしていなかったことを思い出した。
「ハイ、今日のまかないはレインダンス特性ハンバーグよー」
 肉が焼ける音を大いに響かせるプレートが、フォークとナイフを伴って僕と落木部さんの前に置かれた。今の僕にとっては凶器と言わざるを得ない。隣の落木部さんも同じような様子で、肉々しさ満天のハンバーグを100カラットくらいの宝石でも前にしたみたいな目で見つめていた。
「て、店長! 今日は一体何ごとですか!」
「潤ちゃんが採用されたお祝い。採用した玲も特別に食べさせてあげる」
「おぉ……! 店長の甲斐性発揮ですね! ありがとうございます!」
「あ、ありがとうございます」
「いいのいいの。二人ともコーヒー飲む?」
 僕と落木部さんが揃って「はい」と答えると、店長は微笑を浮かべながらキッチンに戻り、カウンターに面した渡し口の近くにあるサイフォンでコーヒーを淹れ始めた。
「店長のコーヒーは本当に美味しいんですよ! 私大好きなんです! きっと百瀬さんも好きになります!」
 早速ハンバーグに手を出している落木部さんは、僕までつられてしまいそうな溌剌とした笑顔で身内の腕自慢をしていた。店長の淹れたコーヒーだけを本当に愛してやまない様子だ。
 ただ、僕はコーヒーの味の違いなんて考えたことがない。普段から飲むのはもっぱらペットボトルのお茶だし、それでさえ銘柄による細かな違いがわからないのだから、常飲しないコーヒーの違いがわかるわけもない。だから落木部さんの言葉に同意を以て返すことができるかはわからないが、せっかくまかないを出してくれるのだから出されたものは四の五の言わず平らげることにする。
 とりあえず落木部さんを見習って、フォークとナイフでハンバーグを一口大に切り、口へ運ぶ。なるほど、これは美味い。作りたてということを差し引いても美味い。ミディアムに焼き上げられた肉の塊は恐らく自家製であろうデミグラスソースと非常に相性がいい。何を今さらと思われるかもしれないが、大学生の財布事情は殊更に芳しくない。しばらく口にしなければ肉を食べるという感動も一入(ひとしお)なのである。
「玲もねー、最初の頃は酷かったのよー、お仕事。もう目も当てられない。今の潤ちゃんの方がまだマシなくらい」
「て、店長!?」
 店長が何の気なしに暴露したことで、落木部さんは一瞬にして顔を真っ赤にした。
「もう長いからそんな風には見えないと思うけど、注文は取り損なうわレジは打ち間違えるわ、酷い時はコーヒーを一日に三回もお客さんにぶっかけたりして――」
「わーっ! わーわーわーっ!」
 さらに赤くなった落木部さんが、カウンターを飛び越えそうな勢いで届くはずもない距離の店長を止めようとした。が、店長は気に留めようともしない。あれはきっと目論みが上手くいった時のしたり顔だ。落木部さんのこういう姿を見たかったに違いない。
 しかし、まあ、そうだろうなぁとは薄々思っていた。先輩にしては背伸びをしているきらいがあるし、昨日の落木部さんを見たら誰だってそう思いそうだし。本人には申し訳ないけれど、落木部さんを見ていると危なっかしいというかなんというか。でもそこから一人前になるには相当苦労したのだと思う。そう考えると、さっきの彼女の言葉も一層含蓄があるように感じる。失敗は成功のもとという言葉を、これほどまでに体現している人はなかなかいない。
「ま、今は頑張ってくれてるからね。たまにしくじるけど」
「ほ、本当にたまにですよ? というかほぼ皆無です。じゃなきゃ店長だって私を使わないですから」
「ハイハイそうね、じゃあ明日はもうちょっと落ち着いてコーヒー運んでね」
「わーっ!」
 店長は二人分のコーヒーをカウンターに置くと、落木部さんの抗議を一笑に付してキッチンへ戻っていった。
「……いや、今日はたまたまだったんです。たまたまつまずいてカップごとお客さんに……」
 くぐもった声で言い訳を繰り返す落木部さんは、やけになってすごい勢いでハンバーグを平らげようとしていた。どうしても先輩としての面子を潰したくなかったのだろうけど、もう遅いというか、そもそもそんな面子を僕としては気にもしていないというか。
 とはいえ、そのまま勢いでプレートを空にした落木部さんは、打って変わって幸せな表情を湛えながらコーヒーを飲んでいる。相変わらずわかりやすい人だ。
「本当に仲がいいんですね、落木部さんと店長」
「まあ、もう長いですからねぇ」
 返答も表情も、ふわふわと地に足が着いていなかった。邪魔をするのも忍びないし、もう何を言っても戻ってこなさそうなので放っておくことにした。
 それにしても、あれだけ店長が入れ込んでいるのはともかく、落木部さんも満更ではなさそうだった。これだけ待遇がよければ店長に懐くのも道理だとは思う。でもそれだけでここまで関係について疑いの目を持つ隙すら与えないというのは、店長の人望がどれだけ厚いことだろう。体格も心の器も、性別の幅も何もかもが大きい。だとすれば落木部さんに関して僕の敵う余地などまったくないのではないか。恋敵というわけではなく、人間的に張りあえないということだ。あんな人が近くにいるのでは、一般ピープルの僕など有象無象のひとつにすぎない。
 僕は挽きたての香ばしい匂いを漂わせるコーヒーカップを手に持った。僕の思い描いていたとおりのコーヒーだ。黒に茶色を落とし込んだような色。立ちのぼる湯気が、僕を手招きしているように見えた。
 それを一口飲むと、確かに違った。僕の想像していたものよりもはるかに香りが立ち、コクがあり、それでいてすっきりと飲める。美味しい。
 つい、何度もカップを傾けてしまう。そしてその度に、僕の中のイメージと口に含んだコーヒーの違いを感じた。これは裏切られた、見た目など参考にならないじゃないか。もちろんいい意味で。
 流されるようにして、僕はカップの底を見上げるまで舌鼓を打った。落木部さんの言ったとおりになったような気がして、少し複雑だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ