挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
パーセント・エイジ 〜カフェ、レインダンスへようこそ!〜 作者:山崎山

参戦

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/19

参戦1

 「お前、好きな人いないの?」
 二十一年間生きてきて、何度も何度もかけられた言葉だ。
 僕には、人を好きになるというのがどういうものなのか理解できなかった。というより、どんな気持ちが『好き』と呼ばれる感情なのかが想像できなかった。
 もちろん、この人は話しやすい、この人はちょっと苦手だ、という相性の認識はある。だが事女性に対しては、世間一般で言われるような恋愛感情が湧かなかった。いや、もしかすると湧いていたのかもしれないが、それがわからないんじゃ仕方がない。
 だから、彼女なんてものは以ての外だ。異性のふとした所作にときめくとか、ドキッとするとか、そういうのあるだろ? あるよな? な? なんて問い詰められても、僕には通用しない。残念だ。
 しかし、そんな僕が初めて知った。
 聞けども聞けども理解できなかった感情を今、僕は理解し、そして抱いている。
 この、メイド服を着て目の前に座る少女に。
「すみませんでした……。まさかアルバイト希望の方だとは思わず失礼を……!」
「あ、いえ、僕の方こそ突然で……」
 少女は座っている椅子を少し引いて、テーブルの淵スレスレまで頭を垂れた。
 初対面なのによくこうも恭しく頭を下げられるものだ。彼女の人柄なのだろうか。そしてそんな彼女の姿に、胸を抉られそうになる。制服であろうその服も彼女の容姿と行動によく似合っている。
 とはいえ、こちらとしても初対面の人にいつまでも頭を下げさせるわけにはいかない。
「あの、頭を上げてください。どちらかというと僕が怖がらせてしま――」
「ありがとうございますぅ……っ!」
「えっ?」
 顔を上げた少女はこれでもかというくらい目に涙を溜めていて、その急激な変わりように僕は思わず戦いた。
「実は、ここのバイト私しかいなくて、入ってもみんなすぐ辞めちゃって、もうかれこれ半年も新しい人がいなくて、私も本当に、もうどうしたらいいかってすごく悩んでてぇ……!」
「ち、ちょっと!?」
 そしてついに、嗚咽混じりに泣き始めてしまった。
「やっと、やっと来てくれましたぁ……!」
「お、落ち着いて、泣かないでください、ほら……」
 脇目も振らず泣き散らす少女に、僕は持っていたハンカチを差し出した。カウンターに立っている店長と思しき強面な男の人の目が恐い。僕のせいか? いやまあ、確かに元を辿れば僕のせいか。
 えらいことを口走ってしまった、という自覚が芽生え始めていた
 一期一会だ。いつも通らない道だったし、ここで素通りしたら二度と会うこともないだろうと思って、壁に貼ってあったアルバイト募集のポスターを見て即決した。自分でもこんな度胸があったのかと心底驚いたが、あまりにも衝動的なものだったので、現実を理解する頃には店の中に案内されていた。
 少女が涙を拭いている間に、それとなく店内を見回す。ヴィンテージだとかクラシックだとか言えば聞こえはいいが、埃っぽくて古びた内装は客足が少ないことを裏づけていた。現に店内には僕と少女、店長らしき男性の三人しかいない。南側にある窓も、カーテンが閉められていて陽があまり入らない。そもそも大きな店ではないが、それ以上の寂寥(せきりょう)が満ちていた。唯一のバイトが非常に魅力的な人であることを考えても、所々の暗さが目立つこの雰囲気では次々とバイトが辞めてしまうのも頷けそうだ。陰気な空気はとりわけ若者にとっては倦厭(けんえん)されがちだと、現役で若者をやっている僕は思う。
「……ちょっと寂しいですか?」
 僕の頭の中を見透かしたように、まだ少し目もとが光る少女が口を開いた。
「わかります。でも、私はこのお店の雰囲気が好きなんです。お客さんとか辞めたバイトの人とかはもう少し綺麗にした方がいいって言うけど……。店長も私も、直すつもりはありません」
 優しく、あたたかな笑みを浮かべた少女に――僕は、思わず息を呑んだ。
 綺麗だった。
 決して明るくはない店内を、彼女の笑顔が照らしていた。綺麗で、眩しくて、心がふわっと浮き上がるような、陽だまりの笑顔だった。きっと彼女に心を奪われてしまった僕ではなくても、この笑顔は僕と同じような気持ちにさせる。目を逸らすことができない。強い引力で見惚れてしまう。そして胸が、心臓が鷲掴みにされたような錯覚に陥る。
「あ、ハンカチありがとうございました。後で洗って返しますね」
「えっ? あ、は、はい」
「……どうかしましたか?」
「いや、別になんでも……」
「はっ!」
 少女はまた目に涙を浮かべて、
「も、もしかして、私引かれましたか……!?」
「そんなことはないです! そんなことはないので泣かないで!」
 感情の起伏が激しい。だがそれすらも、今の僕の目には欠片も悪いように映らない。
 会ってからまだ小一時間も経っていないのにどれだけ入れ込んでいるんだと、傍から見たら思われるかもしれない。しかし今の僕にはそんなことは些末な問題だし、時間によって上下変動するような機械的な心を僕は持ち合わせていない。
 どんな彼女も、彼女の魅力的な部分として受け入れる自信があった。新鮮で純粋な感情が僕の中ではっきりと芽を出している。この感情こそが『好き』というものなのだと実感していた。そうして初めて得た経験を反芻するだけで、言い知れぬ高揚感が波のように押し寄せた。その波に乗って、また心がふわりと浮いた。
 今まで働いていた人のことは知らないが、この人がいるならそれでいい。そう思えた。
「……頑張らせていただきます。よろしくお願いします」
「おぉ……!」
 少女は喜々として目に星を輝かせた。
 非常にわかりやすくて、つられて僕も肩の力が抜けていた。裏がないというか、思っていることが理性のフィルターを通らず顔に出ていた。あまりに素直だと心配になってくるが、彼女の表情が彼女の心情そのものなのだという安心感があった。
 所詮バイトだが、彼女を見ていると、ここに骨を埋めてもいいとさえ思えてくる。無論そういう言葉通りの意味ではなく、もっと野心的で己の欲望に忠実な、今僕が抱き得る煩悩を結集したカオスなニュアンスだ。それ故、運命の出逢いとも言うべきこの邂逅に僕は満足していたし、すべてはこれからだと前向きになることもできた。
「ありがとうございます! では改めまして、私は(おち)()()(れい)と申します! あそこにいるコワモテでマッチョな人は店長の真中(まなか)です!」
「あ、百瀬(ももせ)(じゅん)です。よろしくお願いします」
「はい! お願いします百瀬さん! じゃあ早速履歴書を貰っちゃいますね!」
「え?」
「え?」
 僕が固まると、反射的に落木部さんも固まる。
「も、百瀬さん……?」
「……」
「百瀬さん?」
「はい」
「顔色がすごく悪いんですけど 、大丈夫ですか……?」
「落木部さん」
「はい?」
「大丈夫かと言われると、大丈夫ではないですね」
「大丈夫ではないんですか!?」
 手汗がすごい。いや、手汗どころか、汗腺が爆破でもされたかのように全身から脂汗が噴き出している。
 僕としたことが、至極当然のことに意表を突かれるくらい無我夢中だった。リュックの中にある無駄になった三限の資料と通学時間で読もうとしていたマンガ雑誌が、まったくのとばっちりであることはわかっていても妙に憎たらしい。お前たちはどうして履歴書じゃないんだ、顔写真くらい今週号の表紙で代用してやるから今すぐ履歴書に生まれ変われ、と大口開けたリュックの中に怒鳴りつけたい気分だった。そしてポスターにあった盲点が最低賃金の時給だ。金の話など当初は二の次だったが、思い返してみれば僕は学生というひもじい身の上で何たる愚行を犯そうとしていたのか。恋と生活を天秤にかける破天荒さが僕にはあったのかもしれない。いやどちらが優先されるべきものかはその時々のあらゆる要素で漸次決定されていくものであって――……ともかく、盛大な見切り発車をかましてしまったことに、たった今気がついた。
 どうにかしなければならない。何か言い訳を考えないと、僕はせっかく懐に舞い込んできたロマンの大きなピースを手放すことになる。
「あはは、冗談です。全然大丈夫です。安心してください。ところで落木部さん」
「は、はい?」
「今ちょっと五千円しかないんですが、それでも大丈夫ですか?」
「えっ」
 リュックに入っている財布を取ろうとした手が止まる。無意識のうちに賄賂を渡そうとしていた。危なかった。
「……もしかして、お持ちではないんですか?」
 その訝しげな目に、いっそ石にされたいと思った。
 時、既に遅し。事実を言えば相手が相手だけに結果は見えているし、やはりここは安っぽい言い訳でも押し通すしかない。
「……すみません、ちょっと急いでいて、家に置いてきてしまいました」
「履歴書をですか?」
「はい……」
「んー、なるほど……」
「……やっぱり、持ってこないことには採用の話も?」
「そうですねぇ。履歴書を確認できなければ保留にしろって、店長には言いつけられてるんですけど……」
 落木部さんは眉を顰め、探偵のように顎に手を添えて唸る。
 詰めが甘かったのだ。僕はまだよく知らないが、きっと「恋は盲目」とはこういうことなのだと思う。事態が、もう僕にはどうすることもできないくらい火急である以上、目の前で落木部さんが僕のために悩んでくれているだけまだ救われていると思った。天より降り立った女神を彷彿とさせる落木部さんの、恐らく大海よりも広大な御心に我が身の幸運を都合よく願わんばかりだった。もしこれでバイトの面接の準備すらままならないぞんざいな人間だと不名誉なレッテルを貼られてしまえば、たった数十分で僕の初恋は頓挫するだろう。
 僕が大量の脂汗をかき、落木部さんの眉間の皺が着々と深くなっていると、
「今回だけ特別よ」
 野太いのに妙に女々しい声が上から降ってきた。
「ウチもそろそろ火の車だし、事ここに至っては仕方ないわ。玲、アンタも真面目なのはいいけど、言われたことだけ守ってちゃダメよ? アタシは臨機応変に、とも言ったでしょ?」
「店長……」
 落木部さんが見上げた先には、強面で筋骨隆々の男性が立っていた。
 店長……ついさっき落木部さんに紹介された真中さんか。想像を超える偉丈夫だった。そしてそういうタチ(・・)の人だというのは、外的要素から見てなんとなくわかった。
「潤ちゃん」
「は、はい」
「とりあえず、名前と住所、あと電話番号だけもらえればいいわ。写真も本人を見ればわかるからいらない。アタシとしてはちゃんと働いてくれるならそれで十分だから、バイトの面接も玲と馬が合う人を採用できるようにこの子に任せてる。この子に不満がなければアンタは採用よ。玲、どうする?」
 落木部さんはびくっと跳ねて、
「あ、もちろん不満なんてないです! 私は万事オッケーです!」
「はい決まり。じゃあ明日からよろしくね、潤ちゃん」
 真中さんは僕に弾けるようなウインクを放って、またカウンターへと戻っていった。何やら生物的な本能による悪寒が全身を駆け巡った。
「ということなので、改めてよろしくです! 百瀬さん!」
「あ、はい。よろしく……お願い、します」
 呆けていた僕の目に、落木部さんの眩しい笑顔が染みた。
 なんともあっという間の出来事だった。発言の隙すら与えず、真中さんは僕の絶望的な不安と脂汗を絶対的な言葉で以て払拭してしまった。あと落木部さんの皺も。店長という肩書きに裏づけされた以上に何か底知れぬ強い力を感じる。外見とは一味違った強かさだ。
 それに、興味深いことも聞けた。
「じゃあ店長に言われた通り、えーとどうしよ……あ、確かメモ帳が……」
 落木部さんはエプロンのポケットからメモ帳とボールペンを取り出し、「どうぞ!」と僕の前に差し出した。
 大黒柱である店長が何もしないのは気になってはいたが、まさか一アルバイトである彼女に人事を一任しているとは、真中さんの器は大杯か何かだろうか。それも落木部さんのためを思ってのことだというのだからまた驚きだ。どれだけ寵愛を受けているのだろう。一方でたった一人のバイトにそれだけ肩入れするから新人が続かないのではないかとも思う。親が子を見るような目で彼女を見てたし。
 そんなことを考えながら、僕は言われた項目を書き連ねていく。
「あれ、私と近いですね」
 僕の筆跡を追っていたらしい落木部さんが呟いた。
「もしかして一人暮らしですか?」
「はい。大学に通っているので」
「おぉ、そうなんですか! 私も一人暮らしなんですよ。あの辺はマンションとかアパートが多いし、大学も周りにたくさんありますもんね。学生生活は大変ですか?」
「実家にいるよりは大変ですね。その分自由ですけど」
「おぉ」
「あと大学はこっちなので、電車で通ってます」
「おぉ!」
 ありがたくも落木部さんは僕の返答一つ一つに笑顔を咲かせてくれる。
 この数十分でわかったのは、落木部さんがすこぶる快活で優しさに満ちているということだ。今使っているメモ帳とペンが彼女のものという事実に気づいて顔を見ることができないこのタイミングでその笑顔を向けられると、壊滅的なまでの大嵐がいくつも心を揺らす。
 それにいい情報も得た。まさかご近所さんとは。休日に寝起きのままコンビニに行っている姿を見られていたらどうしよう、などという柄にもない心配もしてしまう。
 しかし、彼女の口振りからすると、特に学生というわけでもないらしい。僕と同じくらいの歳だと見込んでいたから、どうやら早合点だったようだ。
「終わりました。お願いします」
「はい、ありがとうございます」
 僕はメモ帳を閉じ、どうにかこうにか手が触れないように気をつけながらペンと一緒に返却する。
「では、これでとりあえずの契約は完了です。それでですね、早速で申し訳ないんですけど、明日から入ってもらっても大丈夫ですか……?」
「はい、大丈夫です。明日は講義もないので」
「おぉ! じゃあ明日の十二時半くらいにお店に来てください! 制服は私の方で用意しておくので、手ぶらでも大丈夫ですよ!」
 落木部さんは心底嬉しそうに、エプロンの裾を持ち上げて揺らして見せた。そのふとした仕草だけで僕の頭はお花畑だった。煩悩に支配されつつある。このままではまずいと、僕は冗談混じりに、本当に何の気なしに訊いた。
「まさかとは思うんですけど、僕の制服はメイド服じゃないですよね?」
「……そ、そうですよね。メイド服じゃないです」
「僕今すごい危機を回避しましたか?」
 持っているエプロンの裾で顔を隠して明後日の方向を見ているあたり、図らずも僕のジェンダー的な危機は未然に防止できたようだった。なるほど、彼女は現代的な性の価値観を持っているのか。だから性別の壁を超えてメイド服を推奨するのだ。少なくとも今はそう解釈しておくことにする。
「とっ、ともかく、明日までにはきちんと用意しておくので、百瀬さんは軽い気持ちで来てください。あ、決してナメてかかれというわけではなく……」
「わかってます。心しておきますね」
「……ご理解が早くて何よりです」
 心なしか不貞腐れたような反応だった。しかし、さっきまでとはベクトルの違う彼女の様子を見て僕が失笑すると、それにつられて落木部さんの顔にも笑みが浮かんだ。やっぱり笑顔が似合う。笑顔以外の表情とこんなに縁もゆかりもなさそうな人を僕は見たことがない。そしてこの笑顔が彼女の魅力そのものだし、僕のように惹きつけられてしまう。
 それから少し話した後、僕は落木部さんの笑顔に見送られて店を後にした。正直名残惜しくてたまらないが、これから先何度も会えると考えれば一晩会えなくてもどうということはない。と、自分に言い聞かせながら駅までの道を歩いた。落木部さんの期待に染め上げられた別れ際の眼差しと元気に手を振る姿が目に焼きつき、思い返す度に心拍数が上がる。
 そこそこ混み合う上り電車に乗り、運よく端の席を陣取り、秋の夕日が射す車内で、ようやくいつもの帰り道に軌道修正したことを実感した。
 難なく、というか非常にあっさり決まってしまったが、これで僕も大きな一歩を踏み出せた気がする。それは僕の人生においての一歩であり、僕の人間性においての一歩だ。さっきの非日常だった時間も、明日からは日常として僕の人生に組み込まれていく。そう考えるだけで口もとが緩んでしまう。慌ててリュックに顔を埋めた。
 頑張ろう。
 気がつくと、そう思う時には必ず彼女の笑顔が浮かんできてしまっていた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ