挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
幻想大陸 作者:しるうぃっしゅ

五部 中央大陸編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

106/106

九十八章 獄炎の魔女と魔眼の王



「竜だな……」
「竜ですね……」
「めっちゃでっかいな……」
「大きいですね……」

 翠輝く巨竜となったテンペストを遠くから見やり、茫然自失と呟くファティエルとアルストロメリアの二人。轟音とどろく閃光が空の彼方へと消え失せた後に訪れるのは耳が痛いほどの静寂であった。
 遠く離れていても鳥肌を立たせる絶大な圧力と重圧。魔王すらも及ばない領域に住まう化け物だと、二人の生存本能が警報を鳴らし続けている。人類では決して対抗できない天蓋の生物なのだと、姿を見るだけで誰もが理解してしまえる―――下位や中位の竜種など比べるのもおこがましい正真正銘の竜であった。四肢で大地をしっかりと踏みつけ首をもたげている姿は、まさに地上の王者が如き風格を漂わせている。

「……まさか、文献にある竜人? 人と竜種の間にうまれるという希少種。幻想大陸では確認されていない、種族なのか? いや、だが……」

 神聖エレクシル帝国の保有する大図書館の内容を殆ど調べつくした女皇が、数多の推測を脳裏に浮かべながら、ぶつぶつと小さく口にだしつつ内容を整理する。
 竜人―――竜種と人類がまぐわった末に産まれるハーフ。もっとも、人類、竜種どちらが女性であろうとも異なる種族同士で子を為すなど珍しいことだ。人に姿が近い巨人種と人類ならばまだ可能性はあるが、竜種と人類では姿形が異なりすぎている。それ故に、幻想大陸には竜人などというハーフはおらず、あくまでも文献にしか登場しない存在である。

「……なぁ、アルストロメリア。あの竜……? いや、女性か? まぁ、どっちでもいいか。とにかくどう思う?」
「……そうですね。恐らくは竜人ではないでしょう。確かに伝承にあるあの種族ならば他人類とは隔絶たる差を持っているはずです。ですが、流石に魔王を圧倒するなどありえません」
「まぁ、確かにそうだな」

 部下の台詞をあっさりと肯定する。
 そもそも下位や中位竜種は人類にとっては脅威であるものの、魔王からすれば雑魚同然。高位竜種であったとしても苦戦を強いられることはないだろう。それほどの差があるのに、その竜種と人類のハーフが魔王を打ち倒すことが出来るとは思えない。

「と、なれば考えられる候補は一つだけです。ファティエル様もその結論に達していると思いますが……」
「あぁ……てっか、もうそれくらいしか選択肢はないしなぁ……」
「高位竜種のさらに上。即ち―――竜王。女性であることを考慮すれば、恐らくは竜女王テンペスト=テンペシア。それが彼女の正体でしょう。ですが何故竜女王がキョウ殿の味方をするかまではわかりませんが」
「そこまでわかったらすげーよ。でもまぁ……竜女王ってところまではお前も同じ推測かよ」

 アルストロメリアもまた自身と同様の結論に達したことに、ファティエルは深く嘆息した。証拠など何もない。ただの二人の予想ではあるが、それが間違っていないことに確信を持っている。
 そもそも魔王を倒した時点でその候補は超越存在のみに絞られるのだから、テンペストの正体へと辿りつくのは当然とも言えた。

「かつて竜園を踏破しようとした英雄王アルベルトの時代の者達が書き残した歴史書には、竜王は人語を解したとありました。流石に人化できるとは思いませんでしたが……」
「まさか、だよな。世の中よくわからんもんだぜ……あの竜女王があんな美人さんだとは。オレ様もそれなりに可愛いと自負してたけど、あれには適わん。てか、おっぱいもでっけーぞ。少しはオレ様にもわけてくれよ」
「……」
「まー。オレ様もまだまだ成長期だから後二、三年もすればボンキュッボンになってるんだろうけどさ」

 ファティエルは自身の小さな胸を見てもう一度嘆息する。 
 なるほど。確かに彼女の胸部は、些か膨らみが小さく女性的な魅力に欠けていた。
 あけすけな女皇の発言に、何の反応もしないアルストロメリアであったが―――そこはかとなく心の底からの同意をする。

 ―――成長が止まって早百数十年。もはや私は手遅れですね。女皇陛下もそんな発言はフラグっていうものだと思いますけど。

 女性としては随分と高身長であり長身痩躯なアルストロメリアではあるが、スレンダーな体型故にファティエルと同様に胸の大きさに悩みを抱えていた。遥か昔に諦めたとはいえ、すぐ傍で女皇の悩みを聞かされた彼女はかつての己のことを思い出しふっとアンニュイな表情で溜息をつく。そんな彼女の姿に気づかないファティエルが視線を動かし今度は気になっていた狐の幼女へと注目して、瞠目した。
 そちらで行われていたのは彼女の目にも留まらない速度で行われる高速戦闘。響き渡るのはヤクシャの哄笑と肉を打つ音。時折思い出したかのように動きをとめて互いに殴り合っている二人の戦闘が視界に映る。

「……す、すげぇ」

 ファティエルはそう呟いた。
 それ以外の感想など思い浮かばなかった。あのヤクシャを相手にして一歩も退かない勇気と力。それはある種の感動さえ覚える戦いであった。 

 だが、その戦いは突如として終わりを告げる。
 向かい合っている二人が何やら会話をしており―――そして膨れ上がる膨大な獣圧。テンペストが放っている圧力にも負けず劣らずの力の解放。空気が波打ち、震動のように遠く離れたファティエルの身体を押し流す。その圧力に目を閉じたのは一瞬であったが、開いた瞬間瞳に映ったのは、巨大な狐の姿。金毛に全身が覆われた、九つの尾を靡かせる魔獣の王がそこに在った。


「ちょっ、な、ななななんだありゃ!? きききき、狐ぇぇえ!? 今度は狐かよぉ!?」


 もはや何度目になるかわからない女皇の驚愕の声が響き渡った。





 ▼







 獄炎の魔女と魔眼の王の戦いは、ナインテールとヤクシャの闘争とは正反対なものであった。人の枠組みを超えた身体能力を誇った二体の戦いとは別で、彼女達には激しい動きは見られない。だからといって、幻獣王と暴虐の悪鬼の争いよりレベルが低いとは言えなかった。この二人の闘争もまた、人の理解を遥かに超えていたのだから。

 パチリっと大気中を漂うマナが音を立てて弾け飛ぶ。
 ディーティニアとデッドエンドアイの両者が放つ魔力は絶大で、こと魔力という点でいえば他の魔王すらも遥かに超えている。ただ相対しているだけだというのに、互いの魔力が渦巻き周囲に砂塵を巻き起こした。他の超越存在と等しく、直下から揺らすような大地震が起き、あらゆる場所にて地割れが出現し、大地の崩壊を連想させた。れは人類と魔族の最終決戦が始まってから幾たびも行われた超越存在による死闘の影響が齎した結果。大陸そのものが震えを起こし、周囲に散らばった大小様々な岩石が罅割れ砕け散っていく。

 次々と魔王が倒されていく中、不安など微塵も見せないデッドエンドアイが自身の周囲に紫炎を顕現させる。時を同じくしてディーティニアもまた真紅に燃え上がる獄炎を身に纏う。遠く離れている観客の肌すらチリチリと焼いてくる膨大な熱量を秘めた熱波が周囲を紫と赤色に染め上げた。

 煉獄の魔王が片手をディーティニアへとツイっと向けると周囲の紫炎が圧縮され紫炎の玉へと変化する。その十にも及ぶ炎玉が勢いよく放たれるが、魔女はそれら全てを同等の威力と魔力を込めた獄炎の炎で打ち落とす。言葉にすれば簡単なことだが、それを出来る存在が果たして幻想大陸にどれだけいるだろうか。

 息をつかせる暇もなく瞬時に練り上げた紫紺の大炎がまるで津波のように小さな魔女へと降りかかる。ディーティニアを飲み込み焼き尽くそうとする大波。それに向かって両手をかざすと、召喚されるのは大波を呑み込む巨大な炎龍。顎を開いた炎龍が紫炎の波と激突し、ぷすぷすと白い煙をあげながら拮抗する。数秒も互いの炎が激突していただろうか、打ち勝ったのは獄炎の魔女の終焉の終炎(イグニード・ゼロ)で、炎波を打ち抜きそのままの勢いで魔眼の王へと襲い掛かった。

 迫り来る熱波と炎龍の圧力を真正面から浴びながらも、デッドエンドアイは微塵も表情を変化させることなく右手を天へとかざす。クンっとかざしていた手を勢いよく炎龍へと振り下ろすと、圧縮された膨大な紫炎が破壊の鉄槌となって自分へと迫ってきていた獄炎を叩き潰した。超高熱の魔法同士が激突し相殺された結果、二人の視界を満たすのは水蒸気にも似た白い煙。

 その悪い視界を切り裂いて飛翔してくるのは紫炎の閃光であった。
 魔導師としては動ける部類に入るディーティニアだが、音速に近い速度で飛来する炎閃を見てからかわすなど不可能だ。いや、そもそも視認してから避けるなど人類にとっては難しい。故に、彼女がその炎閃から逃れられたのは既にその場から動いていた結果だ。数多の死線を踏破することによって得られた第六感。それが鳴らした警鐘に従って、咄嗟に横へと転がるように飛んだ直後には今の今まで彼女がいた場所を炎閃が貫いていった。 

 回避すると同時に右手に狂炎の剣(ボルケイノソード)が出現。それが長大化し、その炎の剣の切っ先が離れたデッドエンドアイへと切り上げられる。逆袈裟の流れで振るわれた炎剣を、鼻で笑った魔王は片手で軽々と掴み取ると、あっさりと握りつぶした。

 僅かな火傷も負っていない魔王の姿に、その実力の高さを否が応でも認識する。戦う前に感じた狂気染みた殺意を身に受けて以前の魔王ではない、と理解していたつもりであったが―――あくまでもつもりでしかなかったことを再認した。かつて退けた相手だった、ということもあったのだろう。随分と変わった宿敵に、改めて気を引き締めなおす。間違いなく、目の前にいる魔王を名乗る何か(・・)は、テンペストにも匹敵する絶対強者だ。

 遥か遠くで何やら巨人と巨大狐の怪獣大決戦をやっているせいか、時折大地震が地面を揺らす。鼓膜を震わせる激突音が盛大に響き渡る。そんな中でも、ディーティニアは自分の呼吸の音と、心臓の鼓動だけは嫌と言うほどに聞こえていて、それを聞きながら彼女は不吉な予感に襲われていた。

 この類の予感は過去何度か経験したことがある。それは女神と戦った時やテンペストと戦った時。
 つまりは、自分が死ぬかもしれないという可能性。それを感じさせるほどに突き抜けた敵。

 ツゥっと頬を流れる一滴の汗。
 彼女は、ディーティニアは強い。怖ろしいほどに強い。それは間違いなく誰もが認める事実。
 しかし、彼女は強すぎた。魔法使いとしてあまりにも隔絶過ぎた。獄炎の魔女とまともに打ち合える魔法使いなど存在しなかった。戦いと言えば全てが格下相手ばかり。生死をかけた戦いなど、数えられる限り。巨人王や不死王は少し異なっているし、正確に言えば以前のデッドエンドアイとテンペスト、それにユルルングルくらいであろうか。千年近くの人生の中で、戦えばどちらに勝敗が転がるかわからないほどに拮抗した死闘は僅か三度。

 キョウ=スメラギとはそこが決定的な違いである。
 彼は自分よりも強い相手を知っている。その化け物染みた女性に育て上げられ、最強の頂の高さをその目で見ていた。七つの人災と呼ばれる化け物達と常に鎬を削ってきていた。故にキョウは慢心することなど決してない。

 強者であるが故の絶対的な経験値不足。
 獄炎の魔女ディーティニアにとって唯一の弱点はそこであるともいえた。

「……お主に一つ聞きたいことがある」
「……」

 内心のことなど外見に全く出さないディーティニアは冷静沈着そのもので、デッドエンドアイへと言葉を飛ばす。返事はしないものの、攻撃の手が止まったことに続きを促しているのだと判断し続きとなる台詞を紡いでいく。

「お主がワシをそこまで憎む理由を知りたい。お主の言うことは……はっきり言ってワシには理解できんことばかりじゃ。ルー=クルワッハ? お主が? デッドエンドアイ……それがお主の名前ではなかったのかのぅ?」
「……」

 沈黙を保つ魔王の姿に、油断はせずに次なる行動を如何に取るべきか組み立てていく。幸いにも時間を稼ぐことが出来たことに安堵しつつ、それでも少しでも時間稼ぎをしようと更なる質問を浴びせていった。

「混沌……箱庭? 七つの天災じゃと? お主の最愛の友とは一体誰のことじゃ?」

 また先程のように狂った殺意が燃え上がるかもしれないが、それでも今は一分一秒を稼ぐことが重要。そう考えて、デッドエンドアイの台詞から断片的にだが言葉を拾い出して問い掛ける。

「……お前に説明しても理解など出来るものか」

 返答を期待できないと考えていただけに、デッドエンドアイの言葉は意外ともいえた。
 いや、正しく言うならば彼女が反応したのは、最愛の友という部分だということにディーティニアは気づく。

「そうとも限らぬ。それに何故ワシが殺されるのか。憎まれるのか。せめて冥土の餞に聞かせて欲しいというのも当然じゃろう?」
「何度も言わせるな。お前にそれを語ったとしても理解できるものか」

 操るのは燃え盛る煉獄の炎だというのに、表情には凍える冷たさを湛えている。
 ディーティニアの台詞をあっさりと斬って捨てるデッドエンドアイではあったが―――突如として目を閉じ頭を何度か左右に振る。

「……いや、そうだな。お前の罪を想い出させる。それも悪くはないか」

 目を開き、紫炎を消し去ると両腕を組む。
 その瞳の冷たさに、身震いを一度。それは恐怖か、畏怖か。

「昔話をしてやる。遠い遠い、遥かなる過去の話だ。一人の男の物語。世界を救いながらも……混沌によって全てを狂わされた男の話だ」


 デッドエンドアイは、深い深い溜息を吐く。
 そこには絶望があった。そこには憎悪があった。そこには怨嗟があった。そこには後悔があり、無念があり、嫉妬があり―――永遠を生き、友の死を見続けた女の空虚があった。




 





 ▼







 世界(アナザー)とは異なる異世界。
 広大で巨大なその世界は、幻想大陸(ここ)と似たような環境だった。巨大なドーナツ型の大陸の中央の海にポツンと存在した人類の楽園。そこに住まう人類は、外の世界のことなど知らずに生活していた。
 人類など歯牙にもかけないとてつもない化け物達が大陸の外を闊歩していることを一部の人間しか知らなかった。

 ある日突如としてその平穏は破られる。外世界の北部を支配下に置いている、魔狼達が人類の大陸に進撃を開始した。人類の大陸に住んでいる魔獣など比べ物にならない圧倒的な力を持つ魔狼によって瞬く間に国が潰されていったという。
 そしてそこでようやく人類の上層部達は情報を開示し、連合を組んだ。当然反発はあったが、それでも生き残る為に各国は協力した。だが魔狼に対抗できる者などそうはおらず劣勢が続くなか、人類の救世主ともいえる存在が現れた。

 最強の十人の魔導師と特異能者。彼らの手によって局所的には勝利をおさめることが出来たが、そもそもが数の桁が違う。徐々に押されていく人類は、起死回生の一手を取ることとなった。 
 唯一と言ってもいい、外大陸の様子を定期的に窺っていた竜人からの情報提供により、魔狼達を統べる存在が明らかとなった。その名を狼皇マーナガルム。外世界の北部の頂点。それを倒せば魔狼達の進撃も止まると予想された。雑魚を蹴散らすのではなく直接彼らの頭を殺りにいく電撃作戦。それを選ぶしかもはや人類に手段は残されていなかった。

 選ばれた十人は、ひたすらに北を目指した。
 何人たりとも突破できなかった広大な魔境の森を踏破し、外世界へと辿り着いた彼らは魔狼の襲撃を切り抜け、ついにマーナガルムらしき巨躯の魔狼を発見。死闘の末に撃破したらしい。そこに辿り着くまでに半分は脱落し、マーナガルムとの戦いでもう半分が散り、残ったのはただ一人。

 だが、それで終わりではなかった。
 何故ならば、倒したとそれは狼皇ではなかったのだから。死闘の末に撃破したのはただの配下でしかなかった。絶望が支配するなか、現れた本物のマーナガルムに立ち向かったのは残されたただ一人の男。人類最強の称号を冠する剣士。

 結果は―――敗北。
 如何に人類最強であってもマーナガルムの壁は厚く高かった。
 そして、致命傷を受けもはや余命幾許もない男のもとに―――それはきた(・・・・・)

 三千世界を渡り歩き、己の楽しみの為に全てを捻じ曲げる大邪神。
 混沌と呼ばれる女が、男に可能性を見出した。興味を持ってしまった。
 彼がもしも魔狼の襲撃を知っていたならば、マーナガルムの存在を知っていたならば―――打倒できる領域にまで登りつめる事ができるのではないか、と。ようするに混沌は見たかったのだ。人類など容易く駆逐されると考えていた自分の予想を覆した男の可能性を、彼の歩むであろう道の物語を一人の観客として楽しみたかったのだ。

 新たな物語を見る為に混沌は、その男を過去へと送った。
 正確に言うならば限りなく近い世界の過去とでもいうべきか。その世界へと送られた彼は、事実を受け止め世界を救おうと動き出す。

 地獄の世界を潜り抜けた彼にとって、その世界の強者と呼ばれる存在など子供同然。圧倒的な力を持って、人類最強の座をほしいままにした。未来よりも遥かに強くなった彼ではあったが、それでも理解していた。自分ひとりの力ではどうあがいても外世界からの侵略を止める事は出来ない。それ故に彼は、数多の弟子を育て上げ、数多の強者を探し求めた。人の理を超えている力を持つ化け物達の不条理を覆すために、絶望の未来を切り開く為に。

 そして時は過ぎ、外世界からの魔獣達の進撃は開始されたが、それは男と彼が育て上げた弟子たちと―――各国の協力によって押しとどめることに成功した。 

 北の支配者。狼皇マーナガルム
 西の支配者。獅子帝テュポーン。
 東の支配者。虎王トウコツ。

 男とその弟子達はそれら全てを討伐することに成功する。
 そして、大英雄である彼は―――龍祖ソラナキと呼ばれる存在との決戦後行方知れずとなった。

 それで終われば良かった。
 だが、混沌はそんなに甘い存在ではなく―――彼女は大層喜んだ。三獣王だけでなく、龍祖まで滅ぼした彼の可能性を面白がり、羨ましがり、慈しんだ。それ故に、混沌は男の魂を輪廻の流れに戻さずに、ある世界へと導いた。自身の遊び場である箱庭の世界へとな。

 ―――それが、この世界(アナザー)だ。

 混沌の呪いでこの世界に生を受け、男は絶望に襲われた。
 折角全てを終わらせたと思ったら、また新しい世界にいたんだ。それも当然だろう。
 そして―――絶望を背負って生きたその男は、ある日一人の少女と魔女に出会った。その少女はとある大帝国の末席とはいえ、皇帝の血を引くが故に多くの者達に命を狙われていた。それでも輝く生き様を示す彼女にかつての弟子達と同じ魂の煌きを見た男は力を貸す事にした。

 その世界は今のような人だけの世界ではなかった。人やエルフは当然として、その他の獣人族や竜人などといったハーフが当たり前のように存在した。魔族や魔獣、魔王や魔神。その他の神々すらも数多いた。少女の前には数多くの試練が立ち塞がった。普通では踏破できないような難局ばかりであったが男の助力を得た少女は全てを踏破しやがて時を経て、皇帝となる。その過程で徐々に少女は男に惹かれて行った。それも当然だろうな。少女にとって男はもっとも辛く苦しい時機に傍にいて、文字通り命をかけて自分をたすけてくれたのだから。惹かれるのが当然だ。愛するのが当然だ。

 だが男は少女からの寵愛を受けつつも、魔女と愛を育むこととなった。それはかつての世界……前世にて愛した女の面影があったためだろう。やがて男と魔女の間には一人の赤子が産まれ―――そこから運命の歯車が狂い始めた。

 混沌によって唆された女皇の嫉妬が原因となり、魔女は命を落とす結果となった。
 愛する者を失った男の前に、混沌は現れ、こう告げた。男のように遥かなる時を超えて魔女もまた転生する時が来るかもしれない、と。自分のように生まれ変わることがあるならば、とそれを信じて男は娘とともに長きに渡る時を放浪することとなった。竜族の王の一体を倒し血を浴びた男は不老となっており、可能性があるならばどれだけの時でも生き抜こうという確固たる信念があった。

 ―――数百年の時を経て、ようやく二人は巡りあう。

 そこが男にとっての終着点。
 生まれ変わった魔女は記憶など残っていなかったのだ。
 それでも男にとってはそれでも十分だったんだ。ともに過ごせることが出来るだけで満足だった。 

 だが、男は死んだ。殺された。
 数多の邪神を打倒し、屠り―――守ったはずの街の人間たちによって殺された。

 しかし、男は満足して逝ったんだ。
 愛する女を今度は守れることが出来たと喜んで。
 そこで魔女は間違えた。ああ、お前が間違(・・・・・)えたんだよ(・・・・・)、ディーティニア。
 お前がそこで願わなければ。お前がそこで請わなければ。お前がそこで彼の死を受け入れていれば。こんな地獄すら生温い輪廻の世界に取り込まれなかったはずなんだ。 

 一体何度繰り返したことか。一体何度彼の死を見たことか。一体何度この無力な身を呪ったことか。

 我ら七つの天災。
 全てを為すもの(サウィルダーナハ)不滅の到達者(アムシャ・スプンタ)氷結女帝(エンプレス)地を揺らすもの(フェンリル)金毛九尾(ハクメン)創世の竜女王。(エヌマ・エリシュ) 

 そして―――火雷の魔女(ほのいかずちのまじょ)

 それは神殺しを支える者達。それは神殺しに支えられる者達。それは神殺しを殺した人類を憎む者達。それは神殺しを見捨てた世界を呪う者達。それは神殺しを傷つける者を許さぬ者達。それは神殺しと敵対する者を滅ぼす者達。それは神殺しを世界よりも愛する者達

 ここまで言ったらもうわかるだろう?
 それは、それはなぁ。それはつまり……ディーティニア。お前を誰よりも憎悪し、殺したいと願っている者達だ。


 





創世の竜女王>>我は別にそこまで魔女のことは嫌いじゃないが。でもとりあえず殺すとしようか。
金毛九尾>>昔馴染みだからさぁ。嫌いじゃないよぉ。でも、会ったら殺そうかな。
地を揺らすもの>>魔女?それよりお腹がすきました!キョウ様ご飯に行きましょう!あ、やっぱりその前に魔女殺していいですか?

不滅の到達者>>ふーん。別にどうでもいいかな。興味はないけどさ……サクっと殺しとこうかな。
全てを為すもの>>絶対に殺す。何があっても殺す。
火雷の魔女>>……昔世話になったよね。でも会ったら殺すよ、ディーテ。

氷結女帝>>……はぁ。ディーテのことより私の学園の生徒達をどうにかして下さい。

結論。ディーティニアに優しいの女帝さんだけ。
今回で物語の内容で満足できるとこまでかけてしまいました。がくっ。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

火刑戦旗を掲げよ!

勇者は戦死し、1人の男が火刑に処された。窮地の王国を救い大陸に平和をもたらしたのはその男だったというのに。時が流れ辺境に1人の不思議な子が生まれる。名をマルコ。//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全148部分)
  • 737 user
  • 最終掲載日:2015/06/27 10:33
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全557部分)
  • 820 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 18:00
Vermillion;朱き強弓のエトランジェ

【DEMONDAL】――硬派すぎるゲームシステムの北欧産VRMMO。スキルもレベルもインベントリも便利なギルドも存在しない、その無駄なリアリティは最早VR生活シ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全84部分)
  • 817 user
  • 最終掲載日:2017/11/05 11:55
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 863 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部分)
  • 855 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全854部分)
  • 735 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 10:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 928 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、当面は三週ごとの更新とさせていただきます。 ※2016年2月27日、本編完結しました。  ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全226部分)
  • 814 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 07:00
ラピスの心臓

狂鬼と呼ばれる凶暴な生き物でひしめき合う、灰色の森で覆われた世界。孤児として独りぼっちで生きる主人公のシュオウは、生まれながらの優れた動体視力を見込まれて、偶然//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全61部分)
  • 875 user
  • 最終掲載日:2017/10/07 22:49
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部分)
  • 857 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
蘇りの魔王

勇者に討たれ、その命を失ったはずの魔王ルルスリア=ノルド。 彼にはやり残したこと、解決できなかった問題がいくつもあったが、悪は滅びると言うお題目に従い、消滅した//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全272部分)
  • 808 user
  • 最終掲載日:2017/03/23 18:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全293部分)
  • 861 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 18:00
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 875 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
精霊幻想記(Web版)

主人公のリオは異世界のスラム街で最底辺の孤児として暮らしていた。だが、日本で暮らしていたとある青年の記憶と人格が、七歳のリオの身に宿る。その後、王女誘拐事件に巻//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全193部分)
  • 787 user
  • 最終掲載日:2017/10/23 00:17
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 973 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 806 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
オーバーロード:後編

 最強領域の魔法『超位魔法』を発動し、たった一撃で10万以上という敵対する国の兵士を主人公は殺戮する。これにより周辺国家にその圧倒的強者としての存在を大々的にア//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全29部分)
  • 762 user
  • 最終掲載日:2014/12/24 21:56
異世界魔法は遅れてる!

※2017/7/25 『異世界魔法は遅れてる!』コミカライズ第一巻が発売します! 漫画です!  コミカライズ担当はCOMTAさんです!    八鍵水明(やか//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全152部分)
  • 760 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 20:02
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 896 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部分)
  • 756 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全640部分)
  • 906 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 17:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 783 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
グリモワール×リバース~転生鬼神浪漫譚~

「見覚えのあるダンジョンだ」 やりこんだRPGで幾度となく目にしたダンジョンの中ボス部屋。 勇者を待ち構え、倒されるためだけに存在する妖鬼に、かつての記憶が甦る//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全222部分)
  • 743 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 11:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 859 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1582部分)
  • 770 user
  • 最終掲載日:2017/12/16 18:00
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 744 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 1127 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
ウォルテニア戦記【Web投稿版】

 青年が召喚された異世界は乱世だった。  絶対王政の世界。  選民意識に凝り固まった特権階級と世俗にまみれた宗教。  青年は自分の正義を胸に行動を起こす。  

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全193部分)
  • 799 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 14:35
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 925 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 20:09
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 797 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 785 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
↑ページトップへ