挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第四話「サヨナラの色」(後)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

85/259

85/火、水、風

  第四話「サヨナラの色」(後)


 アスミが作り出した渦巻く炎の柱が、超女王めがけて前進する。それを()き止めるように現れたのは大鴉(おおがらず)の群体で、超女王の盾となり焼かれていく。火を恐れる生物としての衝動よりも、能力による支配の方が強いようだ。周囲に、燃えた黒い羽が散乱していく。

 炎の柱が時間を稼いでいる間、アスミはボディバッグから水のペットボトルを取り出すと、素早く口に含み、おもむろに横たわっている志麻(しま)に口づけをした。

 口移しで強制的に体内に水分を入れられた志麻は、アスミの意図を理解し脱力する。

「『水のウォーラーステイン』」

 人体の六割から七割は水で出来ている。アスミの能力によって、注入された水分をきっかけに身体中の液体がコントロールされた志麻は、熱、吐き気、酩酊感といった症状を覚えると、夏の暑さを差し引いても異常な発汗に見舞われる。

 志麻の身体の毒素を強制的に排出させた荒療治であった。衣服は切り裂かれ、汗にまみれた志麻の姿はあられもないものであったが、とりあえず幾ばくか体が動くようになったことに志麻は安堵する。

 続いてアスミは数本のペットボトルを宙に放ったので、意図を理解した志麻はすぐさま能力の行使に入る。空中から滑空(かっくう)した機械鳥が数本のメスに再構成されると、次々と空中のペットボトルを貫いて行く。

「水蒸気へ!」

 空間にまかれた水はアスミの駆け声と共に、一時視認できない水蒸気へと変化する。

「そして、冷ます!」

 続いてさきほどの風か。周囲が急速な冷却に見舞われる。すると自然と霧が発生する。彼の霧の街もかくやという濃霧であった。

 アスミの矢継ぎ早の行動に、超女王は一時自分の次の一手を決めかねる。その僅かの逡巡(しゅんじゅん)で十分で、アスミは志麻の手を取って建物の出口に向かって駆けてゆく。濃霧は目くらまし。先ほど、アスミから伝えられた暗号の内容は、「撤退」であった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ