挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第四話「サヨナラの色」(前)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

83/257

83/伝えかけの助言

 一方その頃。天魔の一撃で片膝の状態になるまで崩されたジョーは、かろうじて立ち上がったが、既に平衡感覚がおかしくなっていた。再び構えを取るが、その構えは最早、組技にいくために相手を絡め取るためのものではなく、無意識に敵のパンチをガードするためのものになっていた。

 しかし、上段に上がった両腕の隙間を縫って、二発、三発目と天魔のジャブが撃ち込まれてくる。脳が揺れ、視界が、意識が、混濁する。

 さらに天魔は踏み込むと、続いて左のボディブローをジョーの肝臓(リバー)に撃ち込む。ジョーの身体は「く」の字に曲がり、意識の酩酊感に加えて、体を構成している全てが逆流して、喉元から溢れるような嘔吐感も襲ってくる。

 このまま、天魔の返しの右の撃ち下しでこの闘いは終わる状況であった。

「副砲の十六!」

 しかし、そこに遠方から少女の声が割り込んでくる。天魔は、飛来する強いエネルギーを纏った球体を察知し、ジョーにトドメを刺すのを一旦思いとどまり、バックステップで距離を取る。二人の間を陸奥が放った赤雷が通り過ぎたのは、一呼吸ばかり後であった。

「む……陸奥」

 ぐらつく意識で、渾身の援護をくれた少女を見やるジョーであったが、状況はさらに悪かった。紫色の立体魔法陣が陸奥の後方に出現し、まさに陸奥と同化しようとしていた。

「ほわぁっ。まだ十六なのに!」

 焦りを携えた陸奥の表情も、ジョーの意識の中では既に遠い。これはまずい。スポーツと実戦とで違いはあるものの、これはジョーの蓄積された勘では負け戦だった。

 立体魔法陣が収束する間際、陸奥は残された時間で精一杯の何かを伝えるようとしていた。

「ジョーさん、燃料が無くなりそうな時は……っ」

 最後まで言葉が伝えられぬまま、陸奥は立体魔法陣に飲み込まれる。

 既に力が入らない身体。目の前には天魔という強者。周囲には無数の生物群。

 陸奥を次に呼び出せるのは日付が変わってからである。

 天魔は陸奥という驚異が去ったのを冷静に確認すると一歩ジョーに近づき。周囲を舞う生物群は、捕食を開始するように徐々にジョーへの距離を詰め始めていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ