挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第一話「思いがけない助力」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/257

8/影二つ

 体育館横の更衣室やバスケットボードがある敷地を抜け、体育館の入口を無視して、そのまま裏地に向かう。

 角を曲がった所で、いつもは誰もいない花壇の前に、一人の女子生徒がいることに気がついた。残念だ。先客がいたか。

 女子生徒は、彼女の身長と同じくらいに伸びているひまわりを眺めていた。この学校で指定されている夏の制服。紺のスカートに、半袖のワイシャツを身に着け、胸元には紅いリボンを付けている。髪型は左右でリボンでまとめた黒髪を、自然に流している。俗に言うツインテールだ。ジョーは、あ、と思った。

 女子生徒の方もジョーに気づいて振り向き、数瞬目が合う。大きな瞳と、柔らかそうな薄いピンクの唇。

 ジョーはうつむいて、所在無く、手にしていたパンのビニールの包みを指で弾いた。

 少しの沈黙の後、ジョーは振り返り、その場を後にしようとする。

「待ちなさいよ」

 後ろからかけられた声は、気丈で凛としている感じ。そして、やはり聞き覚えがあった。

「宮澤ジョー君、だよね。クォーターの?」

 改めて振り返り、じっと彼女の全体像を見る。昼食時である。お弁当の包みと水筒を手にしていた。

「そっちも覚えていたみたいだな」

 元気のよい太陽に照らされて、影が二つ伸びていた。

 何年ぶりだろうか、名前を呼んでみる。

「空瀬アスミ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ