挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第三話「拠り所の守り人」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

72/259

72/姉ちゃん

「交渉は決裂ですか」

 超女王の周囲に大量の蝶が、蜂が、加えて上空から襲来する鴉の群れが現れる。セミナースペースにいた男たちがゆっくりとこちらに向かって歩み出し、遠方のエスカレータから、奥の階段から、わらわらと、意識をはく奪された男達が降りてくる。

 それでもジョーはさらにもう一歩前に出る。

 ジョーはただ人間が持っている「共感」として、姉のカレンの気持ちに想いを馳せた。胸に痛みと、強い気持ちが湧き上がってくるのは、ジョーは家族に抱く感情として、不器用でも優しい姉を愛していたから。

 一番近くにいた、信頼できる人間、志麻にゆっくりと聞いてみた。

「アスミが、オントロジカは奇跡の源だと言っていた。『奇跡』まで強い人間の支配下に置かれてしまったら、弱い人たちはどうやって夢を見るんだ。この街はどうなるんだ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ