挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第三話「拠り所の守り人」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/259

59/ひぃじーじに尋ねる

「ジョーか」

 鍵がかけられていないひい祖父のアパートの玄関のドアをそっと開けると、すぐにひい祖父には察知された。

 ひい祖父は古流柔術の達人でもある。ジョーがまがりなりにも学生の柔道の範囲で全国大会まで行けたのは、ひい祖父に少し特殊な技術を教わっていたからでもある。

 奥の一室まで入っていくと、ひい祖父は小さなハンドライトの光だけを隅に置いて、布団の上にあぐらをかいて座していた。横には、ウイスキーの瓶とガラスコップが置いてある。

「ひぃじーじ」
「こんな時間になんじゃ」

 普段はゲームばかりやっているひい祖父だが、暗闇の中で酒を片手にこちらを睨む眼光には力がある。その人間の奥にある重厚な何かは、老齢で身体が弱っている事実とは、また異相が異なる類のものだった。

「大事な人が二人いて、どちらかしか助けられないのだとしたら、どうすればイイんだ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ