挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第三話「拠り所の守り人」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/257

57/疎らな街灯

 そのまま家に帰る気持ちにもなれなかったジョーは、この時刻でもまだ電気の明りに包まれている商店街を少し離れて、疎らな街灯のみが道をうっすらと照らしている住宅街を歩いていた。

 アスミは、ジョーに言う事だけ言うと、伝えることは伝えたからといった様子でベンチから立ち上がり、ジョーの詰問や反論を逃れようとでもするかのように、少し足早に立ち去って行ってしまった。去り際に、明日以降、頼りにしてるわよと、ありふれた言葉を残して。

 ジョーが自然と足を向けたのは、ひい祖父のアパートであった。心が落ち着かないでいた。それでも、このざわつきを例えばリンクドゥで今からアスミに伝えるというのも違う。どうしても、座して対面で誰かに話を聞いてほしい。そんな夜もある。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ