挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第三話「拠り所の守り人」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

55/259

55/アスミからの伝達事項(2)

「それともう一つ」

 アスミの声のトーンは暗い。

 図書館に隣接する地下鉄の駅からは、疎らに帰宅途中の人々が出てきては、各々の目指す方角に向かって歩みを進めていく。そんな家路へ向かう流れからは切り取られたように、図書館脇の石のベンチにアスミは座っている。

「明日以降の戦いの中で、ジョー君が私と志麻、どちらかしか助けられないという場面になったら」

 アスミは、自分の中では長い時間かけて考え抜いていて、結論が出ていることを、ただ共有してほしい。そんな事務的とも取れる口調でジョーに告げた。

「絶対に志麻の方を選んで」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ