挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第二話「ジョーとアスミと志麻」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/257

38/ちょっと待って

「それじゃ、今、私と志麻が追ってるターゲットの話からしちゃおうかしら」
「ターゲット?」
「そう、昨日の牛人はイレギュラーでね。私たちとしてはここ数か月の間警戒している、この街に潜り込んでる敵の存在変動者がいるのよ」
「アスミ、ちょっと待って」

 自然に話を進めようとするアスミの言葉を、志麻は遮った。

「悪いんだけど私、まだ宮澤君のこと、認めたわけじゃないのよね」
「ええっ? でもしょうがなくない? 本質能力に目覚めちゃったんだし。一人にもしておけないわよ?」

 サバサバしてるのはアスミの良い所だが、少しは志麻の心情も察してほしい。アスミとジョーの距離感は昨日再会したばかりというのに極めて自然にみえる。幼馴染。その二人の関係性を意識すると志麻はテーブルをひっくり返したくなる衝動に襲われるが、いけない、今は自意識をコントロールするべき時だ、と内面の調整に努める。

 また、このジョーという男もクズであったなら表だって糾弾できたものを。志麻は他人の評価はあくまでありのままを捉える少女である。クォーターだと言ったか。あちらの文化が身についているのか、ドアを開ける時にアスミを優先する立ち居振る舞い。いくつかの場面での、あくまでアスミを立てて自然にサポートする位置に回るようなポジショニング。エスコートというものを自然なレベルで体現しているというのは好感だった。

 顏も悪くない。そしてその身体。太ってもおらず、痩せてもおらず、ほどよく鍛えこまれているのがシャツの上からでも伝わってくる。身に着けているのは安いTシャツにカーゴパンツであるが、その肉体も込みでデザインと捉えるなら、志麻の感覚としては美としてアリだった。

 つまり、データとは別に、実際に観てみた第一印象はなかなかの男だということになる。それが、悔しい。

「私たちの本質能力のことは、もう話したの?」
「アスミの能力は、火を操るんだろ?」
「うーん、それね」

 アスミも、どうやら志麻にジョーを認めてもらうという段階が必要だと理解したのか、自分の能力についてジョーに説明するのをしばし保留する。目で、場の主導権を一旦志麻に譲ると伝えてくる。

 ならば、少し試してみようか。

 そんな思念が志麻の頭を過った時、事態は急変する。志麻はすばやく己の凶悪性を解放すると、本質能力の使用体勢に入るのだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ