挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第二話「ジョーとアスミと志麻」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/259

36/石段

 大天寺山の入口の門を前に、続いて行く階段を見上げる。

「この門も少し『機構的な』ほどこしがしてあってね。志麻の能力なんだけど、結界みたいなものも兼ねてるのよ。存在変動者が紛れ込んだら分かるの」
「俺、柔道やってた頃トレーニングにこの石段登ったりしてたことあったんだけど、そんなファンタジーな場所だとは思わなかったな」
「本当? 私も志麻の家にはしょっちゅう来てたから、中学時代も私達ってニアミスしてたのかもね」

 大天寺山の石段を登るには気概が必要なので、準備運動代わりに少し身体をひねったりする。

 やがてアスミが石段を登りはじめたので、ジョーも付いて行く。スポーツをやる人間がトレーニングに使うような石段なので体力がいるのだが、アスミは慣れた様子で。牛人との戦いで見せた身体能力もそうだが、アスミも通常の同年代の女子よりはそうとう鍛えていそうである。「山」というくらいなので石段の両脇は森林が生い茂っており、確かに、特にこの時間帯は何か異界の雰囲気がある場所だ。

 さて、山川志麻というのはどんな子なのだろう。ジョーは幾ばくかの興味を胸に石段を登り続けた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ