挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第二話「ジョーとアスミと志麻」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/259

25/空瀬神社

 早朝。ジョーは大きな木の影に避難しながら、アスミを待っている。地面が、石垣の石が、既に熱を持ち始めていて、本日も日中は気温が高くなりそうである。

 沿岸部に位置するY地区は、二年半前の震災における津波の到達地域である。二年半経った現在はかなりの程度片付けが進んでいるものの、場に立体的な建造物はまだ見られず、否応なしに全てが流されてしまったことが意識される。折れた流木、壊れて放置されたままの自動車。場所によって遭遇するそんな光景が、S市の中心部とはまた現在の状況が違うことを物語っている。

 空瀬(からせ)神社(じんじゃ)は、都市化している平野の中心部よりは、そんな沿岸方面のY地区に近い場所にあった。

 中学生の時に市街に位置する現在のマンションに引っ越すまでは、ジョーもよく遊んだテリトリーである。自然、幼少時のアスミとの思い出も、この近辺に集中している。アスミの家はこの神社の宮司(ぐうじ)の家系であり、神社の敷居内が二人の遊び場であった。記憶をたどれば、この御神木にも登ろうと試みてアスミの父親に怒られたこともあった。

 フレアのスカートに簡素なトップスという装いのアスミが、家からちょっと出てきましたという感じで歩いてくる。

 ジョーは片手をあげて合図する。

「じゃあ、オントロジカのこととか、説明するわね」

 そうアスミが切り出したので、ただ思い出の確認にこの場を再び訪れたわけではないのが、意識させられた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ