挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第十一話「君の名前は」(後編)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

244/259

244/Parody

 ジョーが「紫の館」の最上階に踏み入ると、そこでは「再会」が待っていた。

 ドーム状の「観測所」の中央に、古びた望遠鏡が設置されていた。ジョーは幼い頃に、スヴャトと一緒にこの望遠鏡を覗いて、「宇宙の果て」に想いを馳せていたのだ。

 スヴャトという存在と、望遠鏡との「再会」は、「過去」との接続を意味すると同時に、「未来」の選択が迫ってきていることを意味していた。この時間、この場所が「境界」なのだ。

 大人になりかけの年齢に達した今、ジョーは今一度この望遠鏡で「観る」という行為を行わなくてはならない。

 何を?

 全てを、である。

 弓村の「(キャッチ・)(ザ・ワールド)」を超える事象。中谷理華いわく、「現在、過去、未来。そして全ての可能世界」をである。

 その時、右手首に巻きつけていた姉から受け取ったチェーンが淡い光を発し始めた。

 光の先。無彩限のストラップの先の鍵を改めて見やると、短く、小さな文字列が刻み込まれていることに気づく。


――Life…


 誰が記した文字列なのかは分からない。

 ジョーがその言葉を詠み上げ始めると、鍵と望遠鏡が共鳴を始めた。


――is not…


 これが、一九九九年の七月に一度だけ世界に出現したという、人類史上七つだけ観測されている『奇跡』の一つ。


――like a…


 夢守(ゆめもり)永遠(とわ)の「(セーブ・)(ザ・ワールド)」である。


――Parody!


 言葉が、光を放った。

 現れた眩い光の色は、グラデーションを形成しながら変容を続けていく類のものだ。

 一方で、分節されたバラバラの色が、同時に一つの全体でもある色。永久(とわ)色であった。


――かくして、宮澤ジョーという存在は永遠の光に包まれながら、「縁起の楼閣(ろうかく)」の中へ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ