挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第十一話「君の名前は」(後編)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

242/259

242/本との再会

 中谷理華と別れてから、どれだけの時間が経ったのか、あるいは経っていないのか、分からない。この「狭間」の空間である「紫の館」では、時間が本当に過去から未来へと流れているのか、原因の次に結果が来るのか、そういった「世界」の前提が、何だか曖昧なものに感じられてしまうのだ。扉が開き切るまでにどれだけの時間が流れたのかも、既によく分からない。

 自分も「世界」も何だか不確かだ。そんな感覚を感じながらジョーが開いた扉から館の内部に踏み込むと、一階は開けており、すぐに天井まで届く書架が整然と並んでいる光景が目に入った。この場所は「天文台」であると同時に、「図書館」でもあるのだ。

 古い本の香りに懐かしさを覚える。やはりジョーは幼い頃に、この場所に来たことがあるのだ。

 スヴャト。もうその呼称が迷いなく思いだせるくらいに、記憶が復元され始めている。この場所でいつか誰かが再び読みに来てくれるのを待っていた本たちは、彼の、スヴャトの蔵書であった。

 二階への階段に向かう途中で、何だか呼ばれている気がして、何度か立ち止まって本棚の方に視線を投げた。すると決まって、いくつか幼い頃にジョーが読んだ本のタイトルが目に留まるのだ。

(ここに、あったのか)

 譲り受けたと思っていたのに、いつの間にか見つからなくなっていた。それでもここで待ち続けてくれていた本たちのタイトルは。


 ガリレオ・ガリレイ『星界の報告』。

 ジュール・ベルヌ『月世界へ行く』。

 H・G・ウェルズ『宇宙戦争』。


 そして、


 コンスタンチン・エドアルドヴィチ・ツィオルコフスキー『エチカ』。


(スヴャトのやつ、子供にずいぶん容赦なく難しい本を読ませてたんだな)

 一歩一歩、歩を進める度に、記憶が、過去が、受け取り直されていく。

 理華が言っていた望遠鏡は館の最上階にある。そこでジョーは何を知ることになるのだろう。何を選ぶことになるのだろう。不安は、ある。それでも、行かなくてはならない。

 最後に階段の手前の書架で、やはり呼ばれた気がして立ち止まった。硬質な書物が多い中、ここだけは児童書のコーナーだった。

 ジョーに呼びかけてきたその児童書のタイトルは。


――人間の記憶って頼りないものね。


 七夕の日にアスミは、幼い頃、ジョーと一緒にこの本を読んだことがあると言っていた。あの日は、作者名を検索するのまでは思いとどまったのだが、今、背表紙には作者名も作品タイトルも記されている。


 (もり)絵都(えと)『宇宙のみなしご』。


(「S市」の図書館でじゃ、なかったんだ。アスミとこの本を読んだのは、ここでだったんだ……)

 『宇宙のみなしご』の一場面が、フと頭に蘇った。


---

「本当はあんた、人類滅亡の日を待ってたんじゃないの?」

 わたしは一気にはきだした。

「こんな世界、さっさと終わっちゃえばいいって。みんな死んじゃえばいいって、思ってたんじゃないの? あんたいつも平気な顔してたけどさ、本当はあんたのこと無視したり、使いっぱしりにしたりするみんなが憎くて、うらんで、死んじゃえばいいって」

    森絵都『宇宙のみなしご』より

---


 「過去」との、「真実」との再会まで、あと少し。ジョーは最上階の「観測所」を目指すべく、階段を昇りはじめた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ