挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第十一話「君の名前は」(前編)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

217/259

217/過去編――一九五八年・一~ここではない場所へ

 過去編――一九五八年・一/

 男――宮澤(みやざわ)新和(しんわ)は風に揺られている。経済復興を進める日本国の風景を眺めながら、一人、その流れに乗るのを拒否するような佇まいで。

(このままでは、やがてまた行き詰る。現在のこの国の再生は、他の場所の人間から一時的に富を収奪することで成り立っている。この地球に全員分の富が無い以上、やがてまた限られたリソースを奪い合わねばならなくなる。再び、戦争になる)

 他の人間とは異なる、高度な知性と。次の時代の鍵となるであろう不思議な力と。それらを持って生まれてきた自分という存在の意味をずっと問い続けてきた。答えは遠いどこかなどではなく、今、ここにあった。もう、自分の中にあった。偽れないものとして、既に胸の内に存在しているのだ。


――この地球の、全人類の救済。


 それが自分の使命。生まれた、意味。

(怖い)

 逃げ出したいと思うほどに。

 それでも、ソレに向かって進みださねばならないと。ソレこそが自分が生まれてきた意味なのだともう知っていた。

 親和は、天に向かって手を伸ばした。この向こう側に、その答えはある。

 沢山の人々がその日常。この街。この国。この地球……という枠組みの中で試行錯誤するのに精一杯である時期に、既にその外側について気付いた人間の責務として、そろそろ自分は旅立たなくてはならない。

 宇宙開発については、この自国の再生に手いっぱいの日本国よりも、彼の国の方がはるかに進んでいるのだから。

(行こう。ソビエト連邦に)


  /過去編――一九五八年・一
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ