挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第十一話「君の名前は」(前編)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

216/259

216/湯船

 銭湯の湯船につかって足を伸ばす。温かい。血の巡りが良くなっていく。

 ジョーはこの緊張でガチガチになっていた体がほぐれていく感覚に覚えがあった。震災の本震から一ヶ月ほど後に、何とか営業を再開したこの銭湯に並び、ようやく湯船に入った時だ。あの時の少しだけホっとした気持ちと、いや、これからだと研ぎ澄まされていく感覚が、今も似ている。

 カウンターに座っていたおじさんに小銭を渡す時に、ちらっと目が合った。二年半前に全力で街の人達に湯を提供し続けた英雄である。また、お世話になった。

 さて。

 思考に余裕が出てくると、自分がコンタクトを取るべき人間の順番が見えてきた。

(まずは志麻。そして、ひぃじーじだな)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ