挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第二話「ジョーとアスミと志麻」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/257

21/少女と夜のS市とスマートフォン

  第二話「ジョーとアスミと志麻」


 傾いた電柱が散見される半分壊れている街を、星々が照らしている。

 時刻は深夜。そんな天から注ぐ自然の光とは別に、少女の手元には人工の光がある。新しい段階の携帯デバイスの普及期でもあった2013年。商品の一般化と共に新たな問題が提起されるのが世の常で、このような公の道を歩きながらスマートフォンを扱う所業に対しては、議論が沸き起っていたりもする。

 少女は夏の装いとして、木蓮の花が刺繍されたワンピースを着ている。衣服から伸びている両手両足は、柔らかな感触を脳裏に過らせ、道行く異性が目撃したら、ちょっと遠目に視線を注いでしまいそう。長い髪は茶系に染められていたが、インスタントな雰囲気ではない。本人の確信する哲学の元で色を選び、手間もお金もかけて整えられているような。それでいて殊更に主張しない気品のようなものが感じられる。そんな落ち着いた印象の髪を、サイドで束ねて流している。夜風に吹かれるその姿が、一つの良くできた美術品のようでもある。

 そんな優美な雰囲気とは裏腹に、手元でスマートフォンを操作する指の動きは激しく、忙しい。ちなみに打ち込んでいる言葉も、動的で、控えめに言ってあまり品が良くもなかった。

(ビッチ! ビッチ! アンド、ビッチ!)

 少女の名前は山川(やまかわ)志麻(しま)という。彼女は現在、ただ一人の友人である空瀬(からせ)アスミとの、SNS、リンクドゥの秘匿「グループ」内にて会話中。あちらの状況説明から深刻な出来事が起こったのは伝わってくるのだが、今一つ出来事の全貌を理解できない。

 一番理解を妨げている要因は、アスミからの状況報告の中に、雑音が混じっているからである。その雑音が入る度に、「守人(もりびと)」として把握しておかなくてはならない大事な情報に、集中できなくなる。雑音の正体は、今までアスミとのリンクドゥでの会話欄には表示されたこともない、男の名を示した文字列である。

 宮澤(みやざわ)ジョー。その文字列がスマートフォンの画面に表示される度に、志麻は心中穏やかじゃない。あのアスミが、同年代の男子の名前を口にするなんて。

 アスミの方が牛人という新手の敵と遭遇した話など、二人の「同盟」としてのミッションにとって重要な事柄を伝えようとする一方、志麻の方は積極的に宮澤ジョーが何者なのかを問いただそうとする。結果、二人の会話は今一つ噛み合わない。直接対面せずとも、いつでもどこでもインスタントな会話を可能にしたインターネットにSNS環境、スマートフォンといったデバイスであったが、こと、込み入った対話を行うには向いていない部分がある。結局、日付が回って本日の夕刻、直接アスミと会うことになった。アスミは、宮澤ジョーも連れていく、などということを言っている。

 山川志麻、彼女も、アスミが牛人に対して火を操ってみせた類の、「本質能力(エッセンテティア)」を持つ「存在(そんざい)変動者(へんどうしゃ)」である。

 ただし、彼女が存在変動者であることと、現在の志麻の感情の高ぶりには、あまり関係がない。こちらはどちらかというと、一人の人間としてアスミという少女に執着している、個人的な動機であって。

 アスミにそんな気やすい男子がいたなんて。煮てやろうか、焼いてやろうか。

 そんなことを考えながら、はたから見ればあくまで流麗な足取りで、志麻は闇夜のS市を闊歩(かっぽ)していく。国道まで出ると、自身の家がある「山」まではもうすぐだった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ