挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第十話「夏の雪明り」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

208/257

208/八月十四日3~消えた蒼い線

 今日もネットカフェに泊まる。

 狭く区切られた個室の中で、ジョーは虚空を見つめている。

(割りあてられた奇跡は、もう終わりだって、何だよ)

 結局自分はイジけているのだ。大切だと信じたものが、ここで終わりだとどうしようもなく否定される現実を前に。

 こんなみっともない自分を、叱咤してくれる存在に思い当たった。だけど彼女ももういない。

 苦しくてどうしようもない時に、それでも勇壮なるあり方をジョーに補強してくれていた、背骨の蒼い線ももう、消えていた。

(そうだ。エッフェル搭。愛想を、つかされたんだった。違うな。彼女は悪くない。優先順位を付けただけだ。分かってる。俺だってそうだ。それは、正しい)

 金色の髪をなびかせる、凛としたエッフェル搭の姿が思い浮かんだ。どうしてあそこまで自分に助力してくれたのか、詳しいことを聞きそびれていた。だけどもう、問うことはないだろう。

 信頼は築いてもいつか壊れる。

 暗闇の中は冷たい。暖を取るものも、寄りかかれるものも何もない。

 悲しみにくれた中、ジョーは一人の人間としてこの宇宙に問うように言葉を発した。

「どうしてこの世界に、キセキは定量しかないんだ……」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ