挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第十話「夏の雪明り」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

206/257

206/八月十四日1~脅え

 八月十四日。

(何。怒ってるんだよ)

 そういう自分がまだ、アスミに対してイラついている。もう、一緒にいられる時間も少ししかないかもしれないのに。

 胡乱(うろん)な瞳で亡霊のように彷徨っていると、百色ちゃんを探したN町商店街と隣接する仮設住宅地区に迷い込んでいた。

 一軒一軒の壁が、アートのようなもので彩られている。

 アートは繋がりの象徴であり、癒しの効果を念頭においたものであり、そして住居に絵を描くということは、その家があくまで「仮」の住居であるということを意味している。

 百色に彩られた小さな構築物が並ぶ先には、大きな構築物が建設されている現場も見える。被災者が入居するための災害復興住宅は今日も建設中。がたいの良い工事のおじさん達がいつものように行きかっていた。

(きっと、また壊れる)

 復興の足音に背を向ける。

(震災の日も。当日まで幸せだった人がいたんだ)

 ジョーはまた街の音が聴こえない、そして人がいない場所を目指すように歩き始めた。

(そんな幸せな人を守るために、誰かは幸せを手放していたんだ)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ