挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第一話「思いがけない助力」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/259

2/勝てなかった話

 第一話「思いがけない助力」/


 植物の蔦が絡みついた道路沿いのブロック(べい)に、電柱の影が伸びている。照りつける日光はアスファルトの地面を焼き、生物という生物が日陰に避難したい。そんな気持ちを共有しているかのよう。

 今日から夏休み。だが、開放感と鬱屈感が半々くらいの複雑な心境で、宮澤(みやざわ)ジョーは二年半でだいぶ修復された街中を、夏季講習のための登校という目的で歩いている。

 抜けるような空。だが、その先に続いて行く未来のことを考えると、気が重くなる。

 少し、面白くなくても「敵わない」という話をする。

 柔道、というスポーツを知っているだろうか。人を投げたり、関節を決めたり、首を絞めたりする。中学生の一時期の頃、ジョーが打ち込んだ、闘争から派生したスポーツである。

 幼いなりに、力を求めていた。その道を追う過程で、少しばかりの勝利と、そして人生観に関わる敗北を経験した。

 戦歴から言えば、中学の最後の夏。県で個人戦ベスト三。そして、全国大会の初戦敗退、である。

 悪くは、ない。だがそれだけでは、生きていけない。

 夏の暑さと最後の全中での敗北経験は、ジョーの中でリンクしている。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ