挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第十話「夏の雪明り」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

198/257

198/真実への道中

  ◇◇◇

 先行するジープには、後部座席にジョーと志麻(しま)が乗っていた。運転手は、祝韻旋律のスーツ姿の若い男性である。理華の側近のような人なのだろう。「こちら」側にも理解がある人のようだった。

 走行音は静かで、ときおり聴こえるウィンカーのチカチカという音が、妙に大きく感じられる。長い沈黙が車内を支配していた。

 ジョーにひとまず自身の命を拾った安堵感はなく、焦燥、混乱、そして自罰の念、様々な感情が胸の内で波打っていた。

 車が大白山へ繋がる住宅地へ入った所で、ジョーは沈黙を破った。

「志麻は、知っていたのか」

 慎重に言葉を選ばなくてはならなかった。暴力的に決めつければ、何か大事なものが壊れて戻らない気がした。

「その。アスミが、普通の体ではないことを」
「知っていたわ」

 窓の外に視線を落としたままの志麻が応える。

 ジョーは、大王がアスミの体の中心を貫いた光景を思い出した。血の雨が降っていた。

 大王は、アスミが仕掛けた「何か」による異変を感じ取ると、アスミを地面に投げ捨てた。しかし、源であるアスミとの接触を絶っても、氷のような「何か」は大王を覆い続け、やがては彼を氷柱のようなものに閉じ込め、なお拡大を続けた。

 最終的には四号公園全体を「何か」は包み込んでしまったが、巻き込まれる前に、その場に現れた理華がアスミを、側近の男がジョーをそれぞれ抱き上げ、「何か」の領域から離脱した。

 理華に抱えられたアスミの姿が脳裏に焼き付いている。

 (おびただ)しい量の出血と、終わりが意識される彼女の身体の虚脱と、意識の消失。

 しかし、だ。今なお彼女は、後ろの車両で呼吸を続けている。この事実からもう目も背けられない。アスミは、あの状態でなお、「死」が訪れない「存在」なのである。

「アスミは」
「待って」

 アスミという存在の核心に近いジョーの次の質問は、芯が通った、でもどこか震えているような志麻の声で遮られた。

「アスミから、直接聞いて」

 彼女なりの、強い意志がこもっている。もし、ジョー以上に、アスミのことを考え抜いた末で、志麻という少女はアスミの隣で生きてきたのだとしたら。どうして、ジョーに志麻の意志をないがしろにできようか。

(アスミのこと、何も知らなかった)

 体の中心に痛みを感じるのは、大王から受けた物理的一撃が常軌を逸していたから、ただそれだけではない。

(俺は。バカだ)

 やがてジープは住宅街を抜け、大白山の麓につながる、うねった道へと入っていった。

 この先には、ジョーが知らなければならない一つの真実が待っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ