挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第十話「夏の雪明り」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

196/257

196/オレンジ色

  第十話「夏の雪明り」


 下校時刻をしばらく過ぎた小学校の教室に、(だいだい)色の夕日が射しこんでいる。

 女の子は、その日、教室の中に誰も居なくなるまで校舎裏の花壇で待って、夕暮れ時の無人の教室に戻って来た。今日はちょっと特別な日だから、一人で、感慨に浸りたいなんて思ったのだ。

 教室には、まだ昼間の子供達の気配が残っていた。それぞれが、両親に愛されているからだろうか。残されている気配は、みなどこか優しい。

「今まで、ありがとうね」

 女の子は教室の自分の机の上を指でなぞって独りごちた。明日になると、自分は今日の自分と変わってしまっているかもしれないから、今までの分が確かなうちに、この優しい教室にお礼を言っておきたかった。

 女の子は、小さい背丈に、まだちょっと釣り合わない赤いランドセルを背負っていて、髪の毛は藍色のリボンでツインテールにまとめている。

 女の子の左胸の名札に、藤の校章と共に記されている名前は。


――空瀬(からせ)明日美(あすみ)


 幼い明日美が話す、ちょっと哲学的な想念は、同級生には理解して貰えなかったけれど。それでも、ちょっと変わった子という前提なりに、みんな交流を続けてくれていた。だからありがとう。

 頭の中で色々と考えている、様々な難しいことに関しては、分かって貰えなくても別にイイ。そっちの方面には、明日美には唯一無二の理解者がいたから。

 理解者とは、明日美のお母さん。今日も、明日美が「時間」について気付いたことを、聞いてもらうつもりだ。

 童心なりに感謝の心を噛みしめた明日美は、教室を後にして家路についた。今日は特別な日なので、家の途中の橋の所までお母さんが迎えに来てくれていた。さっそく、矢継ぎ早に今日考えていた想念について、明日美は母に語りかける。

「お母さん。その視点はなかったなぁ。明日美ちゃん、地球上にないようなことを考えるねぇ」

 「時間」についての明日美の見解を、母は真面目に感心したような顔で受け止めてくれる。でしょ? と、認められた心地よさから、明日美の顏は得意気になる。

「今日は、ケーキを食べたら、大白(おおしろ)山に行くよ。明日は明日美ちゃんの、誕生日だからねぇ」

 そう、何が今日は特別な日かと言ったら、明日は明日美の誕生日なのだ。

 その誕生日の前日に行われる儀式を、母も、明日美も年月の中で自然なものとして受け入れていた。明日美の義体には一年の期限があるので、誕生日へと日付が変わるその時、新しい義体へと、アスミの「たましい」を移動させるのだ。

 実は、この頃の明日美には、難しいことはよく分からなかった。ただ、自分は他の人間とは少し違うとか。それくらいの感覚で。

「お母さん」

 明日美は愛する母に笑顔を向ける。

「今年一年、ありがとうね」
「そうだね。お母さんも、今年一年の明日美ちゃんに、ありがとうだよ」

 母と娘、ゆっくりと手を繋いで歩いて行く。二人の影が、橋の欄干(らんかん)に映っていた。

 これが、幸せだった頃の「空瀬明日美」の記憶。色は燃える紅蓮と言うよりは、温かに世界とそこに生きる人間を包む、淡いオレンジ色だった。

  ◇◇◇

 しかし彼女は、紅の炎を燃やさなくてはならなかった。優しい夢の時間は、長くは続かずに、途切れてしまった。

  ◇◇◇
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ