挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第九話「サヨナラの音」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

195/257

195/終わる物語

 ジョーが、ジョーにとどめを刺そうと近づいてくる大王の気配に、頭を上げると、大王とジョーの間に風が割り込んできた。アスミだ。

 ジョーを庇うように、大王の前に立ちはだかったアスミは、ジョーに背を向けたまま、とても優しく言った。

「ジョー君、ここから先は、しっかりとね」

 体の隅々まで痺れ、指一つ動かすことができなかったジョーは、言葉を発することもできないまま、瞳だけを見開いて、その結末を目撃した。

 ただ、順番が変わっただけとばかりに大王が繰り出した鋭利な手刀が、アスミの中心を、左胸を貫いたのだ。アスミは、その断罪の刃を避けようともせず、むしろ、抱きとめるようにして、受け入れていた。

 おびただしい量の血を流し、痙攣するアスミの体を、大王は手刀で串刺しにしたまま、天に掲げた。アスミのリボンがほどけ、黒髪が垂れ下がる。人間性を剥奪されたアスミは、さながらモズの早贄(はやにえ)のよう。ジョーにとっての大事なものが、途切れようとしていた。

  ◇◇◇

 心臓を貫かれたアスミの、最後の意識。

(合理の魔物め。このタイミングなら、必ず私を先に始末すると思っていた)

 今ここに、真実の体現者の前に、誤謬の少女はその(ともしび)を消滅させる。

 体を貫いた穴からは血が流れ落ち、口からは喀血(かっけつ)している。

(この血も、偽物だ)

 絶望の帳が落ち。物語は終劇を告げる。

 アスミという少女は、その瞬間。最後の自分の言葉(オト)を、行動を、他人のために使ってみせた。

(とき)のカッシーラー」

 短かったけれど、確かにあった輝いた日々。終わりを告げるアスミの音は、涼やかで、美しかった。


  /第九話「サヨナラの音」・了
 第十話へ続く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ