挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第九話「サヨナラの音」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

192/257

192/機構小竜

 ジョーが己の肉体を武器にした最後の攻撃を仕掛けようとしている時、一方でアスミは志麻の方を振り返り、眼球運動による暗号を送っていた。全てが終わる前に、仮説の二つ目を確かめておかなくてはならない。

 逼迫した事態において、アスミに全幅の信頼を寄せる志麻は、暗号の内容を訝しみながらも、すぐに行動に移る。

「『機構的な(リ・エンゲージ)再契約(メント)』」

 フェラーリの窓を再構成して生み出したのは、硝子(ガラス)の小竜である。幼少期の志麻の破壊衝動が生み出した、機構怪獣ガンディーラ。この小竜は志麻が作った設定上はそのプロトタイプで、名を機構小竜ジーラスと言った。だが、そんなことは勿論、真実大王は知らない(・・・・)

 先の愛護大橋の戦いで使用したガンディーラは、蝶女王から大王に報告されている可能性がある。だが、この小竜は、大王にとって初めて目撃する存在であるはずである。その点に、アスミの仮説の検証の核がある。

 雄たけびをあげて飛び掛かってきた小竜に対して、大王は一時ジョーから視線を外し向き直ると、これまでと同じ様に、掌を掲げ、大王に接触する直前で制止させた。

 アスミが見逃さなかったのは、ここでまた、大王は一度大きく息を吐いた点である。

「硝子を元にした竜型の細工」

 機構小竜ジーラスをそう言い換えた大王は、続けて同じように返しの拳を撃ち込む。

「その存在よりも、我は強い!」

 すぐ様ジーラスは爆散し、キラキラと硝子の破片が風に乗って舞った。

「もはや、大型の機構怪獣も作れぬか」

 大王が、志麻に射抜くような視線を向けた最中、アスミの心は、希望と絶望に揺れた。

(ああ、この仮説は、いけそうだ。少しだけ、糸口……)

 恐らくは、大王本人も気づいていない、『地球(ザ・ストロ)最強の(ンゲスト)存在(・マン)』の死角。しかし、どうするのか。全てを志麻とジョーに伝える時間がない。伝えたとしても、大王の能力を攻略できるまでに準備する時間もない。間もなくジョーにはその生命を絶つ大王の一撃が振り下ろされ、続いて、アスミも志麻も葬り去られてしまうだろう。猶予期間は、とうに終わっているのだ。

 アスミは、こんな時でも冷静に思考できる自分という人間を皮肉に思った。

(でもまあ、これしかない)

 アスミは左胸に手を当てた。自分という仮初の構造物。母、空瀬(からせ)アリカ作の義体のその部分には、最後の「切り札」が隠されている。

 母に感謝の念を捧げた。この義体(からだ)のおかげで、最後に「街アカリ」のためにできることがありそうだと。

 そっと志麻を見やる。

(見破って、対策を立てるのは、あんただからね)

 結局アスミは、いかにその内に(よど)みを抱えていたとしても、昔の志麻も好きだったのだけれど。それでも、最近の志麻の柔順な様子は、世界を明るく照らす出来事でもあるようで。ああ、棘が取れた志麻とも、千一夜でも、語り合いたかったな。

(今から、七日間だけ時間を贈るからね)

 アスミは、ゆっくりと大王に向かって歩を進め始めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ