挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第九話「サヨナラの音」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

190/257

190/故国へ

 アスミが導いた仮説の一つ目は、大王が結界系の能力者なら、既存の結界系の能力者に有効な対策が効くはずだというものだったのだが。

(やっぱり、そんなに甘くないか)

 チェスに例えれば詰んだ状態。そして、この時点ではまだ自陣にいてくれた存在――エッフェル搭が、本当に申し訳なさそうに眉をひそめた。

「志麻ちゃん、ごめんね」

 エッフェル搭の背後に紫の立体魔法陣が現れる。

「この戦争で勝利する可能性がないと分かった以上、私は遠き島国との縁よりも、故国の防衛を優先しなくてはならないの。彼が満を持してフランスに襲来してくる前に、外交なり防衛なり、対策を整えなくてはならない」

 謝罪の気持ちと、志麻、アスミ、ジョーへの敬意を込めて、エッフェル搭は貴族の礼をとった。

「自身を千年王国の王とでも言うような彼の主張はとうてい認められないものだけど、その観点とは別に、私には脅威が存在する世界で故国を守るために、現実的な行動を選択する責務があるの」

 立体魔法陣がエッフェル搭に重なり、ゆっくりと収束していく。

「エッフェル搭……さん」

 やがてただの無となった空間をしばし見つめて、志麻がつぶやいた。

 アスミの胸にも喪失感が訪れた。見捨てられたと、糾弾することはできない。誰にでも、どこの国にも、優先順位があるという話だ。それは分かっている。ただ、道半ばで消滅してしまった陸奥が大巨神との戦いの際に口にしていた言葉が思い出された。自国の防衛を外部に頼ることに忌避感を示していた彼女は、やはり一抹の正しさを持っていたのではないか。

 アスミは、沢山のものが喪失していく中で、残っているものを探し始めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ