挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第九話「サヨナラの音」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

183/259

183/認識について

 認識されるという感覚には三種類がある。


 一つ目は、人一般・他人に見られている感覚。
 二つ目は、神に見られている感覚。
 三つ目は、親しい他者に見られている感覚。


 この三つだ。

 ジョーは理華の能力によって、そのうちの一つ目が消失したのに気がついた。

「あくまで認識されなくなってるだけだから、気をつけて」

 アスミからの説明は、自分達が異空間のような場所に入ったわけではなく、あくまで現実世界の中で、他人から認識されなくなっただけであることを告げていた。つまり、自分達以外の人や街への被害には、引き続き気を付けなければならない。

(逆に言えば、このまま俺達が死んだら、誰にも気づいて貰えないのか)

 その考えに至った時、ジョーには三つ目の感覚。親しい存在、アスミと志麻と陸奥がまだ自分を認識してくれていることが、とても温かいことに感じられた。

 高速で疾走するフェラーリの後を、大王は前傾のフォームで走って追ってくる。その姿は、洗練された陸上競技者を想起させる。やはり、能力以前に、単純な身体能力が常軌を逸しているのか。

(強い側の、最上に位置する人間か)

 強い側と、弱い側は違う。ジョーが昔日からの観念に囚われかけた時、隣から凛とした声がした。

「『主砲』で迎撃を試みます」

 陸奥である。

「お願い」

 首肯するアスミに、ジョーも覚悟を決める。出し惜しみができる相手では、なさそうだ。

「陸奥、勝ってくれ」

 かくして、世界の最上の勝者を名乗る大王と、ある歴史上の戦いにおいてその威を振るう前に爆沈した戦艦とが、向い合う形になった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ