挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第八話「夢星」(後編)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

177/257

177/隠し場所

 ジョー組に遅れること数分。国道に入ったアスミと志麻組は、S市に侵入した最新機の行く先に懸念を抱いていた。

「この方向、やっぱり大白山(おおしろやま)に向かっていると思う?」

 ネット経由の最新情報から総合的にそう割り出した志麻は、意見を求めるというより、判断を仰ぐようにアスミに声をかけた。

 大白山はS市西部の、まだ田園、森、山といった風景が残った箇所にある、標高300メートルほどの山であるが、中腹に神社がある。

「何らかの形で、敵は察知してるという前提で動くべきでしょうね」

 アスミの返答は、戦闘は大白山に到達する前、つまり一般人が多い国道で成されることを決断していた。

 ある理由から二人がまだジョーにも告げていない事柄であるが、二人が守り続けてきた絶対に奪われてならないもの。S市近郊のオントロジカの集積体が物理的に収束している存在、空瀬アリカ作『理想的な人間像』は、大白山中腹の神社に隠してあるからである。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ