挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第八話「夢星」(後編)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

175/259

175/跳ね馬

 紫の霧を抜けた途端、アスミを取り囲む世界は一変し、アスミは再び元いたツインタワー前の広場に立っていた。

 そしてすぐに、上空から降り注いでいる存在変動律に気づく。あちらの世界での陸奥の言動から予想はしていたが。

(真実大王、来たのね)

 天を睨むアスミであったが、その時広場の敷地内に、白いスポーツカーが弧を描きながら入って来て、ちょうどアスミの横につけた。

 車の運転席にいたのは、志麻である。

「これ、フェラーリよね? どうしたの?」

 アスミは助手席に乗り込んで、一応聞いてみた。志麻、免許持ってるの? とは聞かない。フェラーリは既に隅々まで志麻の存在変動律に満ちており、運転を始め様々な操作が可能なのはもちろん、志麻はこの車両を何らかの攻撃に使うのも想定しているのだと理解する。

「道ゆくカッコイイ系のお兄さんのものだけど、ちょっとお借りしたの」
「ふーん?」
「何? イイでしょ。この地のオントロジカが奪われたら、道ゆくお兄さんだって困るんだから」

 そう言ってギアを入れると、志麻はフェラーリを発進させた。戦闘機に追いつくことはできないが、可能な限りの追跡を試みるためである。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ