挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第一話「思いがけない助力」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/259

17/星空

 馬乗りのまま一つ鉄槌(てっつい)の形に握った拳をジョーの顔に下すと、余興を入れるがごとく、自分の胸を叩いて見せたりする。

 そして牛人は、ジョーに暴力をふるいながら、アスミを見ていた。

「空瀬アスミ。今からお前の四肢を少しずつもいでやるぞ。オントロジカの在り処を素直に言わないと。苦しいぞ」

 何度目かの鉄槌が、ジョーに振り落とされる。かろうじて両腕で頭部への直撃はガードしているが、そもそも相手は遊んでいた。強者が、ジョーという取るに足らない弱者をいたぶっている。そして、アスミという獲物に興奮している。もう痛みもない。ただ、殴られる衝撃で揺れる頭を、他人事のように感じていた。どうやら俺は、ここで死にそうだ、と。

 意識が途切れる前に、その人を見ておきたかったのかもしれない。牛人の拳が振り下ろされる最中に、アスミの姿を追った。

 アスミは廊下の壁にもたれ掛かったまま、マッチ箱からマッチを取り出して、擦ろうとしていた。指に挟まれたマッチは一本で。ジョーは、その一本が燃え尽きることと、アスミという生命の終焉(しゅうえん)を重ねて幻視した。

 強者に敗れるのは、二回目か。あの夏の全中の日、畳に叩きつけられた感触を想起する。

 だが、次の瞬間、ジョーは気づいた。今日会った時から死んだ目をしていたアスミが、この状況でなお、瞳に何か意志を宿しているのを。

 自分を助けようとしてくれているのだ。残った自分の命の微かな余力で。

 夏の武道館の中で、気づいてしまったことがある。生きる過程の中で他人に勝利し栄えていく者と、生きる過程の中で途中で降りる、淘汰される側の者。そんな厳密な区分が、たぶんこの世界のルールで。

 でも何だろう。今、敗北者として殺されるジョーの気持ちは、少しあの夏の武道館の時とは違う。

 顔面に叩き落とされた牛人の太い腕を、防御を解いてゆっくりと掴んだ。

 醜い牛人の貌のずっと向こう側。天井があるはずなのに、見つめているのは満天の星空だった。こんな状況で、ある自分の本心に気づく。ジョーという人間は、別に、ずっとずっと、勝ち抜きたかったわけじゃなかった。

 世界が、ピンとくることと、ピンとこないことに別れていった。じゃあ、残ったピンとくることってなんだろう。そう考えた時に、星の光の奔流(ほんりゅう)の先に、アスミの姿があった。

(そうだな。彼女に傷ついて欲しくない。)

 誰かを打倒して勝ち抜くためだとかじゃなくて、アスミを守るためなら、ジョーはたぶんもうちょっとだけ、頑張れる。相手が、とても強い側の人間たちだとしてもだ。

 初めて至った素直な気持ち。ようやく、星の向こう側に手を伸ばすことに納得がいった。だから静かに力を願った。強者(あいつら)とは、違うカタチの力を。たぶん、自分一人の力ではない、自分をここに存在させるために、遠い所から、壊れては修復しての繰り返し、そうして何とか繋がってきた(たぐい)の力を。

 その時、天井の向こう、天上の彼方から、流星が降ってきた。

 流星の光が、ジョーの額に吸い込まれていく。

 誰から聞いた言葉だったのだろう。

 遠い児童時間に誰かに教えて貰った言葉のような気もするし。別に自分じゃない、遠い誰かが勝手に大事にしていただけの言葉のような気もする。

「『構築物(コンストラク)(テッド・)歴史図書館(ヒストリア)』」

 その言葉を口にした瞬間。ジョーの身体が紫色の光に包まれた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ