挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第八話「夢星」(前編)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

162/257

162/ペデストリアンデッキ

 ジョーがS市の駅まで歩き、東口から西口に抜ける頃には、夕刻になっていた。

 そのまま二階のペデストリアンデッキに出ると、夕日の中にアスミが佇んでいた。簡素な構造と調和。S市の駅と西口のペデストリアンデッキは対外的にはS市の顏の風景であり、地元の人としては待ち合わせによく使われる場所でもあった。もっとも今は、アスミと何らアポイントメントがあったわけではないのだけれど。

「よっ」

 片手をあげて声をかけると、アスミの方も驚いていた。

「ジョー君? え? 待ち合わせとか、してたっけ?」
「偶然。東口の方面に、用事あったんだ。アスミは?」
「確認。敵が駅から来たら、どう公園まで誘導しようか、もうちょっとイメージが欲しくて」

 ジョーも油断をしているわけではないが、こういう所に人となりが出るなと思った。アスミは、何か肝心な時に備えて入念に準備を確認するタイプなのだろう。ジョーは比較的、その場で臨機応変にと構えてる方だった。柔道をやっていた頃も、試合の前に相手のビデオを見るのはせいぜい一度。行住(ぎょうじゅう)坐臥(ざが)が武というようなあり方。ひぃじーじから習っていたのが古流の柔術である影響も大きい。

 フと気になったのは、アスミの左の薬指の、夕日の反射である。

「アスミ? 指輪?」

 アスミはビクっとすると。数瞬遅れて、左手を腰の後ろに隠した。

「見えたの?」
「え? ああ」

 ジョーも、左手の薬指の指輪の意味合いを知らないわけではないが。

「聖女の仕事、手抜き? っていうか、本当にリボンだけじゃもう誤魔化せないのかも」

 独り言をつぶやくと、アスミは歩き出した。

「深い意味はないから。気にしないで。一緒に、公園まで行きましょう」

 アスミがくいっと駅から北方面を親指で指すので、戦いの場の視察について来いという意図だと理解する。

 何もなかったように、街角を行くアスミの後を、ジョーはてくてくとついて行く。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ