挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第一話「思いがけない助力」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/257

16/弱者

「ちょ、どうするつもり」

 ジョーは無言で、廊下を振動させる足音が聴こえてくる方に歩み始める。

「柔道の技術に、体躯(たいく)が大きい相手を制する類のものがある」
「やめなさいよ」

 アスミはそう言って立ち上がろうとするが、すぐに咳き込んで身体のバランスを崩す。

 そうしているうちに、闇の中から牛人の姿が現れた。さて、さすがに正面から戦ってこの牛人を倒せるとは思っていない。ジョーはちらりと、廊下の壁面に並ぶ窓を見やる。

「良かった。空瀬アスミ、逃げないでいてくれましたね。今日のうちに決着をつけてしまいたかったのです」

 牛人はアスミの姿を確認すると、興奮したように鼻息を荒げた。ピクピクと上半身の筋肉が震え、股間はより隆起する。

 ジョーは拳を握り両腕を上げてファイティングポーズを取る。

「誰だ?」

 アスミを凝視していた視線をずらして、ようやく牛人はジョーの存在を認識する。

「宮澤ジョー、ですよ。インヘルベリア先生」

 少しだけ牛人は立ち止まると、一言、

「覚えてないな」

 ともらした。どうやら、成績上位者以外は、名前も覚えていなかったらしい。

「っしゃぁっ」

 わざとらしく気合の声をあげて、ジョーは突進する。このまま、激昂した素人が右拳を、相手の胸元に叩きこもうとしている、と牛人に思わせる。

 全力の右ストレートパンチに対して、鬱陶しそうに牛人は太い腕を突き出す。だが、そこで、ジョーの動きは変化する。

 上と見せて、下。ジョーは一段階加速すると、そのまま相手の右足を取りに行く。いわゆる柔道の両手刈(もろてが)り、レスリングで言うならタックルだが、力の差を加味して、相手の片足を、こちらは両手で取りに行く。中学時代の三年間、反復練習した技術である。ジョーは正攻法の華麗な投げ技主体の選手というよりは、捨て身技に寝技、あらゆる技術を総合的に組み合わせて闘うタイプの柔道家だった。

「てぇいや!」

 さらに、右足で残った相手の左足を刈りに行く。タックルと、大内刈(おおうちが)りの合わせ技。とにかく、バランスを崩せればイイ。そうしたら、何とかあの窓から落下させてやる。この巨躯(きょく)である。もう一度下からここまで登ってくるには時間がかかるはず。その間に、アスミと進藤真由美を連れて逃げる。それが、ジョーが立てた作戦だった。

 だが、しかし。牛人は、ピクリとも動かなかった。

 強大で、そして何かが凝縮したような存在を抱え込んでいる感覚。

 くり出した大内刈りに力を込めてみるが、牛人はびくともしない。二階級上の体重の相手に仕掛けたこともある。だが、そんなレベルじゃない。例えるなら、相手は象で、ジョーは(あり)だった。存在そのものが違う、強者と弱者。

「くだらない」

 牛人は一言もらすと、最早タックルの姿勢でもない、足に這いつくばっているジョーに向かって、アッパーカットを放った。腹部から胸部に激痛が走り、ジョーは宙を舞う。

 全身がバラバラになる感覚の中。床に落下する時にかろうじて受身を取った。だが、ダメージが大きく次の動作には移れようもない。牛人は跳躍すると、ジョーにまたがるように落下してきた。何という事か。馬乗りの体勢。いわゆるマウントポジションも取られた。人間が相手でもここから逆転するのは難しい。ましてや相手は未知の力を持った牛人である。

拷問(ごうもん)だ! 拷問だ!」

 牛人は歌うように、その言葉を繰り返し始めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ