挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第七話「百色の七夕」(幕間エピソード)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

155/259

155/暗闇の中で繋ぐお互いのアカリ

  ◇◇◇

「お待たせ。って、百色ちゃんは?」

 しばらくするとアスミが戻って来た。ジョーとしてもまだ気持ちがフワフワしていたので、こう応えておくに留めた。

「還っていった」
「そう。もう夜だものね。百色ちゃんもお疲れ様だったわね。こっちは、思ってたより楽しかった福引の特賞で面白かったけど」
「アスミ」

 宙へと煌めきながら登っていった百色ちゃんを見て湧き出してきたことがあったので、伝える。

「今朝言ってた本の題名、思い出した。『宇宙のみなしご』だ」
「おおっ。ソレっぽいわね。深夜に、家の屋根の上から夜空を見るシーンが、印象に残ってるのよね」
「作者名は、と」

 スマートフォンで検索しようとしたジョーの手に触れて、アスミはジョーの動作を制した。

「今すぐ、全てを明らかにしなくてもイイわ」
「そうか? 読みたかったんじゃないのか?」
「今度、図書館に行って探してみる。昔、実際に私達が読んでた本の現物が、まだあるかもしれないし」
「なるほど、あるかもな。色褪せてそうだけど、図書館だしな」

 やがてどちらからと言うでもなく、ジョーとアスミは堤防の舗装道を、家路へと歩き始めた。

「アスミ」
「何?」
「浴衣姿、可愛かった」
「バカ」

 川の流れに沿って、並んで歩くジョーとアスミを、星空だけが見ていた。

 ベガとアルタイルが印象的な夜空の下。二人で共有した記憶という光を標に歩いて行く先に、何が待っているのか、まだ分からないけれど。

 広大なる宇宙(そら)の下で。みなしごめいた自分って小さな光の頼りなさに不安になるけれど、隣に、丁寧に自分を見てくれている光がもう一つあると、ちょっとだけ勇気が湧いてくる。

 だから、七夕の今日という日の終わりに願い事一つ。

 できることなら、暗闇の中で繋ぐお互いのアカリ、ずっと続いていきますように。


  /第七話「百色の七夕」・了
 物語後半のプロローグへ続く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ