挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第一話「思いがけない助力」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/257

15/なかったことになる

 しばらく、意識が途切れていたと思う。

 ジョーは、抱えていた進藤真由美がまだ息をしていることに安堵すると、状況の把握に努めた。これは、やはり学校の三階の一部が倒壊して、自分達は二階に落下してきたのか。周囲には破壊されたコンクリートが散乱している。

「ジョー君の『ジョー』は、日本語読みすると、『温情』の『(じょう)』なのよね。なんか、思い出しちゃった」

 少し離れた壁の所に、腰を下ろしてアスミがもたれ掛かっていた。ジョーは静かに進藤真由美を床に下すと、アスミの元に駆けよる。アスミは腹部を押さえ、口からは血を流している。呼吸が少し乱れている。

 運び出すか。救急車を呼ぶか。だが問題として、おそらくまだ近くに牛人がいる。

「しくじっちゃったな。ジョー君には風結界(ふうけっかい)で二階にいて貰って、インヘルベリア先生はその間に始末しちゃって、何もなかったように帰って来るって、算段だったのに」
「アスミ。あまり喋らない方がいい。呼吸を意識して整えて」

 遠方の闇から、ズシリと体重が乗った足音が聴こえてくる。やはり、牛人も二階に落下してきている。

「進藤さんを連れて逃げて。私は大丈夫。なかったことになるから」

 アスミは虚ろな瞳で、自分では理解していることを淡々と披露するように語る。

「この出来事は、ジョー君にとってはファンタジーよね。っていうか、現実なのか夢なのかまだ判別もついてないって勢いよね。それでイイの。私が負けちゃうとね、とてもこの街にとってとか、世界にとってとか、大切なものはあいつに奪われちゃうんだけど。それでもそれなりに、世界は回っていく気もしてるの。ちゃんと、こういう世界の後始末をする人たちっていうのもいるのよ。明日になれば、倒壊した三階にも何か理由はついていて、この学校から講師が一人去って、女子生徒は事故か何かで死んじゃって。そんな感じになってると思う。だから結局、私が消えるだけだから、そこは気にしないで」

 宮澤ジョーは、どちらかというとこの国の高校生としては少数の、クラシック音楽を嗜む人間であった。アスミの声の音を聴きながら、そういえば管楽器は、楽しそうに響く時もあれば、悲しそうに響く時もあるな。ただじゃあ、本当の奏者の気持ちはどうなのか。その点が聴き手に委ねられるのだとしたら、自分はできるだけその人の本当の気持ちに寄り添いたい。たまにそんなことを考えていたのを思い出した。

 ジョーは立ち上がった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ