挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第六話「たとえばそこにいてくれるだけで」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

132/259

132/奥義

 主砲・宮澤・武者・ジョーは、紅の尾をひきながら、弾丸となって大巨神のお腹、もとい、胃がある辺りに向かっていた。

 しかし、目的は大巨神の殲滅ではなく、内部にいる人物の救出である。その上、ジョーは大巨神も命までは取るまいと思っていた。

(回ってみるか?)

 自身が疾風となりながら、フと閃いた発想。今、自分は砲弾である。さりとて目指すのは、神の領域にいる外科医がメスで皮膚を切り裂きながらも、実際には傷一つつけていないという「無縫(むほう)の境地」である。ジョーなりにその領域を実現するために降ってきたアイデアは、主砲の威力と、日本刀の切れ味、そして回転を組み合わせるというものであった。

(どりゃっ)

 眼前に二振りの日本刀を交差させ、体を捻って回転を開始すると、自身が弾丸を超えた何らかの人ならざる存在に変化したのが分かった。この時、主砲・宮澤・武者・ジョーは何者をも打倒する強力な砲撃でありながら、何者をも傷つけない透明な幽体でもあった。

 紅の流星はそのまま大巨神のお腹に着弾すると、光を収束させながら、大巨神の内部に吸い込まれていった。

 大巨神の体表をすり抜けながらの、ジョーの心の声はこんな感じ。

剛柔(ごうじゅう)ダブルで行くぜ!)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ