挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第五話「彼の地よりきたる」

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

116/257

116/特攻

 芯が砕けてしまったようにいう事を聞かない体をジョーは無理やり引き起こした。

 目にしたのは、アスミの特攻だった。

 アスミは『ハニヤ』の光球をその身に纏い、彗星のように大巨神の背部に突撃(チャージ)を仕掛けた。志麻、と口が動いたように見える。大巨神の眼前には、上体が粉砕された元ガンディーラだった何か。アスミはこの地の守人としてというよりは、純粋に友達の志麻を助けたかったのだと思う。

 しかし、おそらくは残された『ハニヤ』の最後の時間と力を込めたアスミのその突撃も、大巨神に傷一つつけることはできなかった。背中に何か当たっている。その程度だ。とでもいったように大巨神テンマは意に介さない。

 アスミの『ハニヤ』に関してお金の例を出したのはジョーだった。その例えで言うならば、借金も含めて四億円分のエネルギーを外界に出現させたアスミだったが、大巨神テンマは既に兆の世界の住人であるかのようだった。

 一点、アスミの意志が報われたのは、大巨神がトドメの一撃を志麻に振り下ろす前に、意識をアスミの方に向けさせ、振り返らせた点である。大巨神は空中で発光し続けるアスミをその大きな手で掴むと、光をアスミが潰される寸前まで圧縮してしまった。今やアスミは、大巨神の手の握りから肩から上だけを出して、最後の『ハニヤ』の光で握りつぶされるのに抵抗している。しかし、アスミのその最後の抵抗可能時間、『ハニヤ』の起動時間もあと僅かまで迫っている。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ