挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
非幸福者同盟 作者:相羽裕司

第四話「サヨナラの色」(後)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

101/259

101/当時、ワールドカップをワクワクしながら観ていた

 陸奥はまさに戦艦が複数の砲弾を同時発射するように、サッカーボール状に現界している副砲を連続で周囲に蹴り込み、三メートル級怪人達を蹴散らす。跳ね返ってきた副砲を器用に再び自分のコントロール下に置きながら、一方で菊一文字を一旦納刀する。途端に鞘は赤い発光を始め、何やら力を「()め」ている趣きである。陸奥が向かうは、橋中央の一番強大な三体の大怪人の元であった。

 狙うは真っ先に大将首とばかりに駆ける陸奥の横を抜けて、一体、三メートル級怪人がのっしのっしと重い体重を感じさせる足取りで、ジョーの元に向かってくる。

 一体、来ちまったか。ジョーは、今こそ陸奥に託された副砲の一発を使う時と、アスミを背負ったまま助走距離を取った。

「ええと、PK戦とかだと相手に当たっちゃダメなんだけど、これはむしろ当てなきゃダメなんだな」

 ジョーは右足を振り上げ、体育の授業くらいでしかやったことがない、サッカーの「シュート」を怪人に向かって撃ち放つ。

 ジョーが蹴った弾丸は、若干怪人の中央からそれたが、何とか肩口に命中。三メートル級怪人の巨体が揺らぐ。感触として、ダメージもある。

 副砲の球体が、跳ね返って宙に浮かんで戻って来たので、ジョーは落下地点に向かって走り込んでいく。陸奥のようにオーバーヘッドキックはアスミを背負っているのもあるし、そもそもジョーの身体能力ではできないが、幼少時に観たあれならできるかもしれない。

 ジョーはタイミングを合わせながらジャンプして右足を振り上げ、空中のボールに向かって、右足を戻しながら反動で左足を振り抜く。イメージするのは、いつの日か観た南米のフォワードの選手のボレーシュートである。

「とりゃっ」

 奇跡的にタイミングが合ったジョーの左足は、再び弾丸シュートを怪人の方向に向かわせたが、今度は前回よりもさらに軌道がズレている。これは当たらないか? 自分が蹴ったボールをどこかで客観的に見守っていたジョーだが、ボールはやがてドライブ回転を誘発すると弧を描き、カーブしながら結局三メートル怪人のドテっ腹に二撃目を叩きこんだ。怪人は派手に吹き飛び、そのまま仰向けになって動かなくなる。

「うむ」

 ボールにドライブ回転がかかったのはまったくの偶然だったが、ジョーは納得したように頷き、陸奥の真似をして言ってみた。

「成敗」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ