挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
目指す地位は縁の下。 作者:ビス
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

99/120

側室(仮)の外出。(4)

 再び、過糖注意です。
苦手な方は回避して下さい。
 

「……!!」

 一瞬で私は沸騰した。
 眩暈がする。心臓が耳元にあるみたいに、ドクドクと煩い。

 真っ赤な顔で固まる私に、陛下は苦笑する。最後に頬を一撫でしてから、陛下の手は離れていった。
 そこで漸く私は、詰めていた息を吐き出す。深呼吸する私を見て、陛下は可笑しそうに喉を鳴らして笑っていたが、それに抗議するだけの余裕さえ無かった。

「お待ちどおさま!」

 私が手で仰ぎ頬の熱を冷ましていると、料理が運ばれて来た。
 威勢の良い声と共に、お皿が置かれる。さして広く無い卓一杯に、沢山の料理が並べられた。

「…………」

 ……どう反応したらいいのでしょうか。
 これは、少なくとも初デート、しかも朝食で出てくる量じゃない。
 恋人扱いしてもらった、と浮かれていましたが、もうすでに雲行きが怪しい。これは同性との飲み会、もしくは家族の食事会レベルです。
 メニューも凄い。揚げ物あるしね。

 初デートで牛丼屋に連れて行かれたって、昔、友達が怒っていた気がするけれど。
 女扱いされていないって、落ち込むべきところですか?ここ。

 ……ああでも、何より残念なのは、私自身です。

 凄い美味しそう!!
 落ち込む所かテンション上がっている自分が、心底残念です!!

 目を輝かせながら料理を見つめる私に、陛下は破顔する。

「食うか」

「はい」

 どうやら呆れられてはいない様で、私は胸を撫で下ろした。
 はしたないとは思うけれど、美味しそうな料理を前に、無関心を装うなんて私には無理です。

 いただきます、と手を合わせてから箸をとる。
 目の前にあるお皿には、薩摩揚げに似た物がのっていた。一つ取って口に運ぶ。

「!」

 何コレ!美味しい!!
 サックリとした表面に、中はもっちり。魚のすり身では無いようで、生地は割とアッサリしていて、酸味のあるタレと良く合う。

「気に入ったか?」

 コクコクと頷く私に、陛下は笑みを深めた。
 教えてもらったところに寄ると、材料は蓮だそうです。つまり蓮根餅みたいなものでしょうか。

 その他の料理も、凄く美味しい。
 気になっていた焼きそばもどきは、どちらかといえば焼きビーフンでした。米粉で出来た麺に野菜とお肉が絡んで、絶品。味付けは割とスパイシーな気がします。

「急がなくていいぞ。(あつもの)も頼んであるから」

 ああ私、本当何しているの。
 初デートで、こんなに一杯食べるとか……羹も凄く美味しいです。具沢山スープ最高。

 半ば自棄になりながら、料理を堪能する。
 羹の椀を置き、顔を上げた私は、此方をじっと見つめる陛下と、視線がかち合った。

「!?」

 ゴクン、と喉が鳴る。一気に血の気が引いた。
 ぴ、ピーンチ。
 やっぱり呆れていました!?寧ろ引いた!?

「……?もう食わんのか?」

 凍りついた私に、陛下は首を傾げる。
 油切れしたロボットの様に、ぎこちなくかぶりを振る私を、陛下は不思議そうな表情で見たが、それ以上突っ込む事は無かった。

「美味いな」

「……はい」

 美味しいです。美味し過ぎます。
 そのお蔭でやらかしましたが……。
 羹の具を咀嚼しながら、私は遠い目をした。

「何時もの料理も美味いが、今日は格別だ」

「……」

 城の料理は、良い素材を使い、一流の料理人が作っているのだから、勿論美味しい。
 けれど、毒見を終えた後に運ばれてくる為、どうしても冷めてしまう。
 冷たくても美味しく味わえるよう考慮されているのだろうけれど、矢張り、暖かい料理にはかなわないでしょう。

 陛下がご満悦な理由を、そう結論付けていた私は、軽く投げて寄越された陛下の言葉に、危うく吹き出しそうになった。

「お前と一緒だと、こんなにも美味く感じるものか」

「……はっ?え、えぇ!?」

 手元が狂い、椀が卓に落ちた。幸い中身が少なかった為、零れる事無く、見事着地を決めたけれど。

 動揺し過ぎでしょう私。
 きっと陛下は、一人より二人で食べた方が美味しいって言っているのよ。うん。
 落ち着こう……待って右手、箸が逆だから。

 挙動不審な私に、陛下は輝く様な笑みを向ける。
 切れ長な瞳が弓型に細められ、雄々しい美貌が甘く溶けた。

「毎日お前と一緒に食事出来たら、きっとオレは肥えてしまうな」

 幸せ過ぎて。
 そう笑う陛下に、私は撃沈した。

 何処にご飯入ったか、分からなくなりそうなんですけれど……!

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ